ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

将来を見据えた「大人の恋愛」をするための3つのポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ライフハッカー[日本版]より転載)
「大人の恋愛」ってどんなものを思い浮かべますか?
「そろそろ将来のことを視野にいれて付き合いたい」そう考えている人も多いと思います。そんな20代女子がするべき恋愛は、やはり10代のころの恋愛とは違うと思うのです。
そこで、「大人の恋愛」をするために大切なことを兄弟サイト「ライフハッカー[日本版]」よりご紹介します。

自分の気もちに正直に

本当の自分を隠していると、愛情が根を下ろす前にその関係自体が壊れてしまうかもしれません。たとえ恐くても、相手とありのままの感情をシェアするようにしましょう。
ライフハッカー[日本版]」より引用

相手が好きであれば好きであるほど、ついつい猫をかぶってしまうという人、いませんか? じつは私もそのうちのひとり。女の子がいる飲み会に行く彼に不満があったり、連絡がなくてさみしい思いをしたりしても、それを言えずに気にしていないふりをしてしまいます。
そして我慢の限界がきて、ある日とうとう爆発してしまった…..なんてことも。でもそれって、どちらにとってもいいことないですよね。むしろ大きな亀裂が生まれる可能性だってあります。
そうならないためにも、日ごろから正直に自分の気もちを伝えましょう。ただし、あまりに言いすぎて小言のようになってしまうのはNG。また、不満はストレートに伝えるのではなく、「連絡なくてさみしかったな」など、可愛げをもって伝えた方が、彼も「大切にしなきゃな」と思ってくれるはずです。

駆け引きはムダ

自分自身の不安定さ、もしくはエゴにとらわれてしまって、相手と駆け引きをしてしまうことがあります。相手の何かが気に入らなくて、電話したりメッセージを送ったりするのをやめてしまうことはありませんか。(中略)このようなことは避けてください。私たちは一人の大人として行動を取らなくてはいけないのです。
ライフハッカー[日本版]」より引用

今や、ほとんどのカップルがLINEで連絡を取り合っているのではないでしょうか。でも、普段は便利なLINEが、カップル間においてはちょっと面倒くさいときってありますよね。
たとえば「既読スルー」、「未読スルー」。ついつい敏感になって、モヤモヤしてしまいます。私は「駆け引きしてやる」とばかりに、既読スルー返しをしてしまうことも。
そうやってLINEを使った攻防戦を繰り広げている……と思いきや、じつは男性って、連絡頻度や返信のスピードについてそんなに深く考えていない人がほとんどなんです。つまり、駆け引きで神経をとがらせて疲れちゃうのは自分だけ。そんなのばかばかしいですよね。駆け引きなんかにとらわれず、素直な気もちで接するのが一番のようです。

自分のペースを守る

付き合い始めて初期のころに、これが起こりがちです。相手と出会って好きになった場合、それが本当の愛なのか、ただのぼせているだけなのか知らないまま、友人、趣味、家族など人生すべてを犠牲にしてもよいと思ってしまいます。(中略)自分を見失うのは恋愛で味わう醍醐味の1つかもしれませんが、大きなリスクがあることを忘れないでください。
ライフハッカー[日本版]」より引用

私は以前、彼氏ができると、ついついその人のことしか見えなくなっていました。特に付き合いたてのころはいつも一緒にいたくて、女友だちとの約束よりも、彼氏のほうを優先してしまうことも。夢中になって人を好きになれるのは素晴らしいことだと思いますが、もともと入っていた友だちとの予定をキャンセルしてまで彼氏に会いに行ったり、自分の生活を犠牲にしてまで彼氏に合わせたりするのは、本当に大人の恋愛だといえるのでしょうか?
周囲の人たちが理解してくれればありがたいですが、実際はそんなに寛容な態度はとってもらえません。最初は温かかった周りの目が、気づいたら冷たい視線に変わっているかも。
そうならないためにも、自分を客観的にみることが大切だと思います。そして、「彼氏が自分の人生のすべてじゃない」ということを思いだし、趣味や友だちづきあいにも楽しみをもつことが必要です。

大人の恋愛とは

結局「大人の恋愛」って、無理せず等身大の自分でいること、そしてそんな相手を受け入れることだと思います。
お互いが自然に素を出しあえる関係であれば、おのずと将来を見据えることにも繋がるはずです。それぞれが自立し、成長し合えるような、すてきな大人の恋愛をしたいですね。
top image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
将来を考えるきっかけに! 家電量販店こそカップルにおすすめのデートスポット
初キス後に彼をドキッとさせる「あざとささやき」
アラサー彼氏が言われたい! あなたにハマっちゃう意外なフレーズ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP