ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

​​上妻宏光​、各界のトップランナーとコラボしたイベントが大成功

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年ソロ・デビュー15周年を迎え、伝統的な津軽三味線をベースに、ジャンルを超えたセッションを重ね進化を続ける三味線プレイヤーの上妻宏光が、国内のトップアーティストを集結させたイベント「日本流伝心祭 クサビ 其ノ四 -伝統と革新-」を​8​月​29​日(土)に渋谷公会堂にて開催した。

「日本の文化や風土に立脚しながら、世界に通じる新しい価値観を発信したい。」という上妻の想いに賛同したアー ティストを集め2011年に立ちあがった「クサビ」は、開催​4​回目を数える今年も例年に劣らない豪華なラインナップを揃え、満員御礼の公演となった。

公演は静寂を打ち破るかのように上妻宏光と歌舞伎囃子方・田中傳次郎の二人による「大蛇」(おろち)にて開演した。この曲は昨年、市川海老蔵氏の自主公演「ABKAI 2014」のために上妻が書き下ろした楽曲だ。三味線と小鼓のコラボに会場中が惹きこまれる。

その後、和装に着替えて登場した上妻は、フラメンコギタリスト・沖 仁とのジャンルを越えたコラボによる「卯月花嵐」(うげつはなあらし)を披露。東西の撥弦楽器が出会い、それぞれの違いと共通性を浮き彫りにし、ぶつかり合うさまは圧巻だ。

さらに、真っ赤なきらびやかなドレスに身を包んだ由紀さおりがステージへ。上妻との交流について由紀さおりは「もともとラジオで上妻さんのアルバムを紹介してからお友達になりました。このあと登場する猿之助さんのプロデュース公演でコンサートを行った際に猿之助さんに三味線で一緒に歌わせて欲しいという希望をかなえていただいたのが縁で以前に共演もしました。」と​語る。そして、ピンク・マルティーニがコラボし大きな話題となった​2011​年発売のアルバム『1969』収録の「マシュ・ケ・ナダ」を披露。続いて上妻の最新アルバム『伝統と革新-起-』にボーナストラックとして収録されている美空ひばりのカバー「リンゴ追分」を披露​した。昭和が誇る大歌手へのリスペクトを感じさせながらも、上妻の勢いのある三味線の音色と由紀の透明感のあるボーカルにより、まさに伝統と革新のふたつの要素が封じ込まれた「りんご追分」となっており、会場一体が惹きこまれた。

和太鼓の第一人者、林英哲と、上妻、沖仁のトリオによる「YOSARE」は、豪放な和太鼓のリズムと、三味線、フラメンコギターによるまさに異種格闘技のセッションで、筋書き無しの一本勝負の様相を呈した熱いステージに観客の熱は最高潮に達した。

そんな中、いよいよ後半のクライマックスに差し掛かったところで市川猿之助が登場。歌舞伎の演目「春興鏡獅子」にインスパイアされて制作された上妻の楽曲「荒獅子」を、市川猿之助の“獅子の舞”と共に披露するコラボレーションを行なった。獅子の姿に身を包んだ猿之助が登場すると会場は沸きに沸き、その後は上妻、そして林英哲の和太鼓、さらに、田中傳次郎率いる囃子方による、圧倒的な熱を帯びた演奏が繰り広げられ、猿之助のパフォーマンスと一体化。上妻がプロデュースする「クサビ」の本質がここで最高のかたちで提示されることとなった。

日本の文化、「和」を世界に発信するために今できることは? 伝統に根ざしながら、新たなカルチャーやジャンルを取り入れ飲み込む蛮勇を持ちつつ、聴衆を自然と熱狂させるエンターテイメント性も忘れない。そんな離れ業をオーガナイズする上妻の発信力をまざまざと見せつけた一夜となった。

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
上妻宏光 オフィシャルHP
上妻宏光、TAKUYA、武藤彩未ら参加「境界のRINNE」サントラリリース

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP