ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「時間が足りない!」が口癖のアナタが、やるべき4つのコト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「時間」は誰もが平等に使える唯一のもの。慌ただしく生活し、余裕がなさそうな人もいれば、効率のいい使い方でスマートに生きる人もいます。中には、バタバタしているほうが好きという人もいるかもしれませんが、できるなら後者になりたいですよね。
きっと、今から紹介する「mindbodygreen」の記事は、その手助けをしてくれるはず。特に、いつも「時間が足りない!」と言っているあなたは必見です。

 01.
毎朝、30分だけ
時間を確保するべき

朝のミーティングに間に合うかどうかというギリギリの時間に、慌てて家を飛び出していませんか?こうなると、一日中ずっと駆け足で行動しなくてはいけません。
そこで、毎朝30分だけ時間をとって、物事の優先順位をつけるようにしてみてください。もう一つくらいミーティングを入れる余裕が作れるはず。急がないように動けば、ストレスも減り、与えられた時間をフルに活用できるようになります。

02.
やるべきことはすべて
カレンダーに書く

やらなければいけないことは、すべてカレンダーに書き込むようにしましょう。書類を作る、エクササイズをする、顧客に電話をかける、友達に電話するなど、本当にどんなことでもです。カレンダーに書くことで、自分の頭の中を整理することができ、何が重要かはっきりします。優先順位が低い物事は自然と淘汰され、やるべきことでいっぱいになっているはず。

03.
“隙間時間”だって有効に活用

隙間時間を見つけて、うまく活用しましょう。通勤で電車に乗っている1時間を、ただ乗っているだけの時間から何かをする時間に変えると、月に20時間確保することができます。英語の勉強をしたいけれど時間がとれないという人には、よい勉強時間になりますよね。
歯医者で待っている時間も、Facebookを見ているより、他のことに活用したほうがよっぽど有益。10分、15分という短い時間でも、積み重なるとかなり長い時間になります。もったいない過ごし方はやめましょう。

04.
自分の時間を安売りしない

自分の時間のはずなのに、気がついたら人のために割いている時間も少なくないですよね。友達が泣いている時は、もちろん駆けつけます。でも、いつも同じ友達、家族、顧客に同じような内容で時間を割いていたとしたら、線引きをする必要がある。もう助けるな、相手のために時間を割くなというわけではありません。万全の体制で大切な人をサポートするために、自分の心を整える時間を確保することが重要である、ということです。

時間は、使い方次第。どのように使うかは、自分が何を大切にしたいと考えているかと同じことです。時間をコントロールし、優先順位をつけ、自分の大切なことを知れるようになると、自分の送りたい人生が身近になってきます。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

関連記事リンク(外部サイト)

脳に最適な昼寝時間は◯◯分と判明!間違えると、かえって疲れが溜まることに・・・
強いメンタルを手に入れたい人へ「20の心得」
成功者が絶対に忘れない「8つの心得」。そもそも、失敗の概念が違った!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP