体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【見えるサウンド】あらゆる科学技術で音楽を「可視化」したMVがヤバい!

『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオは、サウンドを可視化した斬新な映像作品だ。

特定の周波数が生み出す音の波形パターンは「サイマティクス( Cymatics)」という学問を基に再現されている。その他にも電流が見える「テスラコイル」など、あらゆるテクノロジーを駆使して「視覚化された音楽」は必見、必聴だ。

【見えるサウンド】あらゆる科学技術で音楽を「可視化」したMVがヤバい! 【見えるサウンド】あらゆる科学技術で音楽を「可視化」したMVがヤバい! 【見えるサウンド】あらゆる科学技術で音楽を「可視化」したMVがヤバい! 【見えるサウンド】あらゆる科学技術で音楽を「可視化」したMVがヤバい! 【見えるサウンド】あらゆる科学技術で音楽を「可視化」したMVがヤバい! 【見えるサウンド】あらゆる科学技術で音楽を「可視化」したMVがヤバい! 【見えるサウンド】あらゆる科学技術で音楽を「可視化」したMVがヤバい!

製作したのはミュージシャンの「Nigel Stanford」氏と、ニューヨークで音楽フィルムを制作している「Shahir Daud」氏。

音楽はもちろん見ても楽しめるものだが、音その物が可視化されている試みは珍しい。

Licensed material used with permission by Nigel Stanford

関連記事リンク(外部サイト)

6時間睡眠は、飲酒状態と同じ?しかも、寝不足の回復には数ヶ月かかることも・・・
誰でもできる!スマホで「3Dホログラム」を表示する方法が、楽しそう
翼を「自己修復」する飛行機が開発された・・・スマホの傷が「勝手に直る」日も近い!?

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy