ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野村克也氏と関根潤三氏 合計168歳爆笑解説が実現した契機

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 8月25日に神宮球場で行なわれたヤクルトVS巨人戦を伝えるラジオ「ニッポン放送 ショウアップナイター」では、ともに元ヤクルト監督である球界の重鎮・野村克也氏と関根潤三氏の2人が解説席に並ぶ画期的な放送が実現し、大きな話題となった。抱腹絶倒のW解説を誌上再録する。

 中継はプレイボール30分前から始まったが、実況を担当した山田透アナウンサーは大変だっただろう。御大たちは試合開始前からエンジン全開だった。

──(混戦のセ・リーグを)関根さんはどうご覧になっていますか?

関根:わかんねぇ。

──上にいたチームは連敗しないですかね。

関根:わかんねぇ。

 聴取者がすわ放送事故か、とヒヤヒヤする中、山田アナが野村氏に水を向ける。

──ノムさん、こんなペナントは経験ありますか。

野村:ないですね。ここに来て5位、6位は難しくなったけどね。

 野村氏の的確な返答にホッとする聴取者。

──関根さん、残り30試合でひっくり返せる許容範囲内はどれぐらいですか?

関根:わかんねぇ。

 そして試合が始まった。関根氏は88歳、野村氏は80歳。2人合わせて「168歳解説」というのが、今回の「ショウアップナイター」の触れ込みだった。自然と年齢の話になる。

──関根さんが昭和2年、野村さんが昭和10年生まれ。

関根:ノムさんとそんなに違うの。ノムさん、サバ読んでるんじゃないの?

野村:そんなに老けて見えますか。

関根:僕はノムさんの方が上だと思っていたもの。

野村:わっはははは。

──試合は始まっています。関根さん、(ヤクルト先発)石川(雅規)のようなピッチャーは立ち上がりにどのようなピッチングをすれば?

関根:わかんねぇ。

 この放送が実現したきっかけは今年6月、野村氏が解説を務めた際に「関根さんはどうしてる?」と口にしたのが発端だという。

「神宮の放送ブースは高い場所にあるので、お二方の長い階段の上り下りはヒヤヒヤしました(笑い)。中継も長丁場ですし。でも実況席近くのファンの方にも拍手をいただき、お2人にも喜んでもらえたようで良かったです」(広報室)

 関根氏はこう語る。

「一生懸命やった。楽しかったよ。いいたいことは話せたかって? まあ、適当にやっていました」

 一方の野村氏。

「難しいね。テレビはプレー中に喋っても画面が視聴者に伝わるが、ラジオは実況している間は話せない。ピッチャーが1球投げると話が消えてしまう。しかし巨人はいかんな。ありゃ打線じゃなくて打順だ。1人1人孤立して繋ごうという意識がない。普段の監督、コーチの指導がわかるね。子を見れば親がわかる、選手を見ればチームがわかる」

※週刊ポスト2015年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
86歳の関根潤三氏 ファンに「葬式にきてね」などギャグ連発
野村克也 長嶋茂雄攻略のため銀座の女から情報収集してた
野村克也氏「星野監督で楽天は案外ぴりっとするかも」と語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。