ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サラリーマン家庭 夫が死亡で国や企業からの手厚い保障あり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 一家の大黒柱が突然、倒れたらどうしよう――そんな不安から夫に「死亡保険」の加入をうながす女性は多い。だが、「すべての家庭に必要なわけではない」と言うのは、保険相談室代表の後田亨さんだ。

「そもそも、子供がすでに独立している家庭には養育費がかからず、死亡保険などいらないケースがほとんどです。子供が独立しているのに数千万円もの死亡保険をかけて、高額な保険料を払い続けることはお勧めできません」(後田さん)

 子供が独立していない家庭では、子供の年齢に応じた死亡保険を選ぶべきだ。たとえば子供が大学生なら独立するまで残りわずかな期間なので、子供が小中学生の場合より、少ない額が支払われる死亡保険を選びたい。そうすれば、月々の保険料を抑えられる。

 死亡保険に加入していなくてもサラリーマンの家庭ならば、夫が死亡したら、国や企業から手厚い保障が用意されているケースが多い。

「遺族年金の金額の確認は不可欠です。夫が厚生年金に加入していれば、相当な金額を受け取れます」(後田さん)

 遺族年金の基本金額は年額約80万円、子供1人につき約20万円加算される。妻、子供2人の場合、月におよそ10万円となる。また、夫が会社員だったら、夫が受け取る予定だった厚生年金額の4分の3が妻に対して一生涯、支給される。同様に夫が会社員ならば、勤務先の企業から弔慰金や死亡退職金が遺族に支払われる。

 住友生命保険の調査では、全企業のうち約95%が弔慰金制度、約80%が死亡退職金制度を導入している。ほとんどの企業が導入しており恩恵を受ける家庭も多いはずだ。支払われる金額も予想以上に多い。勤続25年の従業員が死亡したケースでは、弔慰金は平均418万円、死亡退職金は平均901万円が遺族に支払われる。

 サラリーマン夫の遺族の「手厚い保障」、その内容は、以下の通り

※世帯主が50才(勤続25年)、子供2人(10才、12才)の世帯で、世帯主が死亡した場合の平均額

【遺族年金】年額123万9100円
【弔慰金】418万円
【死亡退職金】901万円
【遺族育英年金】年額96万円
【団体信用生命保険】住宅ローンの残債がゼロに

※女性セブン2015年9月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
40代の夫が死亡後、家族が暮らすのに必要な貯金額は4000万円
被災者を支える遺族年金により遺族の人生設計が大きく変わる
森永卓郎 生命保険は2000万円程度のもので充分と断言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP