ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「エンドロールまで気がつかなかった」映画『シンデレラ』の王子を演じた城田優が好評!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


良くも悪くも盛り上がり必至の話題といえば、洋画の「日本語吹き替え版」問題。大作であるほど、声優以外の俳優やお笑い芸人、ミュージシャンといった「本業」以外の芸能人がチョイスされがち。フタをあけてみれば、やはりプロ声優とは雲泥の差……というケースも少なくありません。

しかし、『モンスターズ・インク』のサリー&マイクや『アナと雪の女王』など、俳優やタレントが日本語吹替を担当して、バッチリ合っている作品も。今回は、今年公開映画の芸能人の吹き替えで好評を博したケースをピックアップ! 本編をじっくり確認したくなっちゃうかも?

■『シンデレラ』の高畑充希(シンデレラ)、城田優(王子)

誰もが知る「シンデレラ」の物語をディズニーが実写化し、今春公開されて大ヒットを記録した本作。ヒロインのエラ役を高畑充希が、キット王子役を城田優が演じ、声優だけでなくエンドソングのデュエットも担当し話題になった。共にミュージカルできたえられた確かな演技力と歌声を持つ役者であるため、クオリティの高さは折り紙つき。特に城田優の王子役はハマり役すぎて、「エンドロールで名前を見るまで誰の声かわからなかった」という声も多数!

■『インサイド・ヘッド』の竹内結子(ヨロコビ)

少女の頭の中の「感情」を主人公にした、ディズニー/ピクサーの異色作。その中で、主人公の「ヨロコビ」を演じたのが竹内結子だ。かつては2001年に地上波で放送された『タイタニック』で、ケイト・ウィンスレット扮するローズ役の声を担当し、ファンから好評と対極の評価を得て「伝説」と呼ばれたことも…。しかし現在公開中の『インサイド・ヘッド』では、各方面から絶賛の嵐を受ける大逆転!オーディションを経て選ばれたというだけあって、ばっちりハマる形になったようだ。

■『ミニオンズ』の天海祐希(スカーレット・オーバーキル)

『怪盗グルー』シリーズのマスコット的存在だった謎の生物・ミニオンたちを主人公にしたスピンオフ。不思議な言葉でまくしたてながら大暴れするミニオンたちの中で、負けないぐらいの存在感を放つのが、女悪党スカーレット・オーバーキルだ。演じるのは女優の天海祐希。『崖の上のポニョ』のグランマンマーレ(ポニョの母)役など、過去にも声優経験のある彼女の演技は、さすがの一言!コミカルながら迫力のある悪党役を見事に演じきっている。

『シンデレラ』デジタル先行配信中
MovieNEX(4,000円+税)は2015年9月2日(水)発売!

http://www.disney.co.jp/movie/cinderella.html

発売:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C)2015 Disney

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP