ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

和食料理の巨匠が「おそらく日本で一番美味しい鳥刺し」と絶賛 / 鳥房

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ぽんずさし
550円

鳥刺しの名店はいくつもあるが、和食料理の巨匠が「おそらく日本で一番美味しい鳥刺し」と断言している店が『鳥房』だ。なかでも鳥刺しに香辛料をあえた「ぽんずさし」が絶品。この店を訪れる客のほぼ100%が「ぽんずさし」を注文する。

・繊細な鶏肉の旨味
正直、鳥刺しが好きな人は、香辛料や薬味等で味付けされることを嫌う。「鶏肉本来のうまさがわからなくなるのではないか」と不安に思うもの。確かに、鳥刺しは繊細な鶏肉の旨味を加熱や調味料によって殺すことなく、ダイレクトに味わうのが美味だ。

・ポン酢醤油ベースの調味料
しかし『鳥房』の「ぽんずさし」は違った。極上ともいえる柔らかさで仕上げられた厚切りの鳥刺し。

そこにたっぷりと唐辛子やネギのみじん切りが盛られ、ポン酢醤油ベースの調味料がかけられている。

・ポン酢の引き締まる作用
鳥刺しで唐辛子等の薬味を包むように箸でつまみ、一口で食べる。その瞬間、言葉を失う。

なんなんだこれは。鶏肉の限りなくソフトな包容力と、薬味から溢れる刺激と旨味。そこにポン酢の引き締まる作用がプラスされ、至高の幸せが訪れる。

・注文数はダントツ
『鳥房』には普通の鳥刺しもあるが、あまりにも「ぽんずさし」が美味すぎて、注文数はダントツで「ぽんずさし」の勝利。

それも納得、ここにきて「ぽんずさし」を食べないのはありえない話だ。

・食べた瞬間から虜
1人前の量がとても多く、これで550円というのだから驚きだ。食べた瞬間から虜となり、2皿、3皿と注文したくなるが、この店には鶏のから揚げも名物としてある。

まずは一通り料理を堪能し、それでも空腹であれば2皿目の「ぽんずさし」を注文しよう。いつまでも続く、飽きの来ない美味の連鎖が訪れる。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/08/31/torifusa-ponzu/

鳥房
住所: 東京都葛飾区立石7-1-3
時間: 16:00~21:00 日祝15:00~20:30
休日: 火曜日
http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13018201/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP