ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【アートをもっと身近に】ジェスチャー操作できるデジタルフレーム アートの切り替えも自由自在!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Meural2インターネットと、さまざまなものを組み合わせる“スマート化”の技術は、アートシーンでも取り入れられているようだ。

・ジェスチャーコントロール可能なデジタルフレーム

ニューヨークのスタートアップが開発している「Meural」は、Wi-Fi接続するデジタルフレーム。

額縁の前で手をスワイプすると、次の画像に切り替えができるという、ジェスチャーコントロール可能なツールである。

・高画質のフルHD液晶ディスプレイ

MeuralフルHDの液晶ディスプレイ、1080ピクセル、27インチのフレームには、アンビエントライトのセンサーを搭載。アートの明暗を際立たせ、色を鮮やかに見せてくれる。

・専用アプリやWebサイトを用意

フレームから15センチほど離れたところに立ち、ジェスチャーで簡単な切り替え操作はできるが、手元のスマートフォンからリモートコントロールできるのはやはり便利。

Meural4専用のアプリやWebプラットフォームが用意されていて、新しいアートを探したり、表示アートをすぐに変更したりできるほか、時間帯で表示を切り替えるよう、タイムラインでセットしておく……なんてことも可能だ。

ダッシュボードでは、これまでの履歴や、集めたアート一覧を参照したりもでき、アプリを通じて、スマートフォン内の手持ちの写真や画像を送信し、ディスプレイに表示させることも可能。

・美術館や画廊、個人のアーティストと提携

「Meural」は、博物館や美術館、画廊、画像ライブラリと提携しているだけでなく、個人アーティストの作品も取り扱っており、広く作品を募っているという。

・料金は定額制

Meural3定額制の料金システムをとっていて、初年度はフレーム本体と12か月分の月額料金を含めて495ドルとなり、それ以降は月額4.95ドルとなる見込み。

ジェスチャー1つで、時間帯やその日の気分に合わせて、お好みのアートにチェンジ!伝統的な様式の絵画から、先鋭的な現代絵画や写真まで、さまざまなアートを自宅リビングに飾って楽しめる。

あなたの生活にも、アートを身近に取り入れてみては。

Meural

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。