ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏番長TUBEがロックバンド怒髪天とのツーマンライブで初コラボ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月22日に3万人を動員したTUBE毎年恒例夏の横浜スタジアムライブの興奮冷めやらぬ中、TUBEが仙台市のライブハウスで行われた音楽イベントに出演した。

このイベントは今年開局45周年のミヤギテレビが4月から開催しているレギュラーイベント「ミヤテレ45th -もし!僕 MUSIC SQUARE-」。第3回目の開催となる今回は、昨年結成30周年を迎え47都道府県ライブを行うなど精力的に活動するロックバンド怒髪天と今年デビュー30年を迎えた日本を代表する夏バンドTUBEとのツーマン対バンライブを開催。

TUBEと怒髪天とのつながりはTUBEが今年6月にリリースした2枚組のオリジナルアルバム「Your TUBE+My TUBE」。「Your TUBE」というアルバムでは日本を代表する15組の豪華アーティストたちがTUBEへ計11曲の書き下ろし曲を提供した。このアルバムにおいて、TUBEメンバーからの熱烈なオファーにより、怒髪天のVo増子直純とGt上原子友康が「夏番長(作詞:増子直純/作曲:上原子友康)」という楽曲を書き下ろし提供している。この「夏番長」はTUBEメンバーにとっても大のお気に入りの1曲で、ファンと一緒に盛り上がるための振り付けも考えられており、ライブでも欠かせない1曲となっている。今回その怒髪天からイベント出演のオファーを受け「怒髪天presents“杜ノ宴”~夏番長降臨~」と銘打ったツーマンでの対バンライブが実現することとなった。

TUBEコールが鳴りやまない中、TUBEが登場するとVo前田は開口一番「ようこそー!」とファンを盛り上げ最新シングル「SUMMER TIME」と代表曲「夏だね」を披露。MCでは「TUBEがライブハウスでライブをするのは11年ぶりだけど、やっぱりライブハウスはいいね!!今日は怒髪天さんとの夢の初コラボレーションが実現しました!皆、心行くまで楽しんでいって欲しい」と話し、今年6月にリリースしたアルバム「Your TUBE +My tTUBE」収録曲の「いまさらサーフサイド」と「雪でも夏」を披露した。

そしてライブの途中、Vo前田が急遽対バンの怒髪天を呼び込むと、この日のために用意したという学ラン姿に身を包んだVoの増子直純と、アロハシャツを着たGtの上原子友康が登場。Vo増子は「今回楽曲提供のオファーを受けて、TUBEが絶対書かないであろうというポイントを書いた」など、提供楽曲の制作エピソードを話すとVo前田は「楽曲提供のオファーを快諾してくれて本当にありがとう、怒髪天の2人がTUBEのために心をこめて書いてくれた魂の夏ソング「夏番長」聴いてください」と話し、Vo増子とGt上原子も参加して怒髪天がTUBEに提供した楽曲「夏番長」を披露すると、ファンのボルテージは最高潮に達し、超満員の中大歓声が沸き起こった。「夏番長」を披露直後にはTUBEから楽曲提供してくれたことへの感謝の気持ちということで、サプライズで怒髪天のVo増子とGt上原子のネーム入りのアコースティックギターがステージ上でそれぞれ二人にプレゼントされ、会場は温かい拍手に包まれた。

その後「あー夏休み」や「シーズン・イン・ザ・サン」、などオールタイムベストアルバム「BEST of TUBEst~All Time Best~」収録の夏のヒット曲を披露し最後は「あー夏休み」でファンと大合唱しTUBEライブは大盛況となった。今後、TUBEは9月23日に今年で最後となる阪神甲子園球場でのライブを開催し、10月からは全国ホールツアーの後半戦へと突入し、さらに10月7日には春・夏・秋・冬シングルリリース企画第三弾となる秋のシングル「TONIGHT」を発売する。

©keiichi ebina @ebicky

「ミヤテレ45th -もし!僕 MUSIC SQUARE-怒髪天presents”杜ノ宴”~夏番長降臨~」2015年8月29日(土)Rensa(仙台)
<TUBEセットリスト>

1.SUMMER TIME
2.夏だね
3.いまさらサーフサイド
4.雪でも夏
5.夏番長(with 怒髪天 増子直純・上原子友康 )※怒髪天がTUBEへ提供した楽曲
6.LOVE BEACH
7.シーズン・イン・ザ・サン
8.あー夏休み

関連リンク

TUBEオフィシャルページ:http://www.tube-net.com/
■TUBE Official Facebookhttps://www.facebook.com/TUBE
TUBE Twitterhttps://twitter.com/tube__official

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP