ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家電量販店「他店より1円でも高い場合…」どこまで対応可か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 家電量販店では、「他店より1円でも高い場合はお知らせください」と販売員から言われ、チラシなどにも明記されているが、どこまで対応してくれるのか。

 ヨドバシカメラの場合、「競合店のチラシには対応しますが、数量限定商品や日替わり商品の価格は基本対応していません」という。競合店とは家電量販店、スーパーやホームセンター、ディスカウントストアも含まれる。

 他店での交渉価格をにおわせ、「○○電気はすごく安くしてくれたんだけど、こちらではいくらになる?」などのあいまいな言い方はNGだ。

「他店の価格提示なしに価格対応はありません。ありえない安値に対しては、『当店ではそこまでお値引きできません』と言うだけ。『じゃあ、こっちはいくら?』というのは、先ほどの価格は存在しないと宣言しているようなものです」(白物家電ブログの管理人・Aさん)

 ヨドバシカメラに聞いてみると、「他店での価格を口頭で伝えるだけでなく、他店の店員さんの名刺の裏書き、電話やネットで確認ができれば対応します」という。価格の証明が必要なのだ。

 スマホなどで他店のサイトを示しながらの交渉は有効だが、リアル店舗を持たないネット事業の価格には、対応しないことが多い。すべてはケースバイケース。ダメもとでも交渉してみよう。

 前出・Aさんオススメの値切り交渉トークを聞いてみた。

「○○電気ではすごく安くしてくれて、××円だったんだけど、在庫がなくて取り寄せに時間がかかるそう。今日、買って帰りたいんですが…」

 高圧的でなく、買いたいオーラをふりまきながらの交渉。ぜひ、お試しを!

※女性セブン2015年9月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
再編続く家電量販店 巨大化の利点はメーカーからのリベート
家電量販店攻略法 「値段が変わる水曜日の夕方に行け」
家電量販店でけんか腰は逆効果 好感持てる人に値引きする

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。