ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もっとも損な役回り!?三兄弟の真ん中が最強である「11の理由」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

生まれの順で運不運があるとすれば、三兄弟(もちろん姉妹も!)の真ん中の子どもは「ぞんざいに扱われがち」だと主張するGigi Engle氏。もちろん、当の彼女も真ん中っ子のひとりです。損な役回りだからこそ、「知らぬ間に身につけた強さ」があるんだとか。わが道をいく自立タイプが多いと言いますが、彼女の見解やいかに?

誰も驚かないと思うけど、真ん中の子は何でもお下がりだらけ。「かっこいい」ことはないし、小さい子どもたちが尊敬する存在でも、何でもうまく逃げられるかわいい末っ子でもない。ただの、特別じゃない真ん中の子。一番上でも下でもない。
でも、私たち真ん中の子は、一番強い子だって知ってる。幼い頃は本気でケンカし、何も簡単には手に入れられなかった。悪ふざけから上手く逃げられることはないし、泣いたって何も解決しないことも知っている。

01.
“いい子”を演じる
プレッシャーがない

上の子みたいに「責任感を押しつけられる」こともない。下の子のように「甘やかされる」こともなし。つまりは自由。たとえば、兄姉がすることは素晴らしく、感激され、讃えられるのに、二番目となると、親の意識も薄くなるのだろう。上の子が褒められて、自分は影にかくれてしまう。その分、本当にやりたいことを早くに見つけられる。

02.
信念を貫く意志がある

8分門限に遅れたり、その理由をシンプルに説明するだでも、「反抗的」と見られることもある。目立ったことをしすぎだと常に言われる。他の兄弟を巻き込むようなことじゃなくても。両親が「例をつくる」ためだけに、いつも叱られる。困らせやの問題児を演じることだって。

03.
注目が薄い分、
のびのび打ち込める

まるで、貧乏くじを引いたような、人生の不運だってみんな思っているかもしれない。大抵のことに自立している必要があるし、冗談のネタにもなる。他の兄弟たちは、徒党を組んでかかってくるし。それでも、状況がどうであれ、思い通りにいかないことに慣れっこな私たち。下の子みたいにプレッシャーに負けないし、上の子みたいに頭でっかちでもない。ただ、強くて地に足がついてるのよ。

04.
向上心が他の兄弟よりも上

真ん中の子どもは気づかさないことに慣れている。社会のカメレオンにもなれる。柔軟で付き合いやすいから、誰とでも上手くやれるタイプだ。意志がなく、「ただ誰かについていくだけ」と思われがち。だけど、実際のところリーダーの資質が大ありだ。自分からグループをつくることにも慣れているし、どんな人とも友だちになれる。人生のどんな場面でも、友人に囲まれているだろう。

05.
直感的に自分の
居場所を判断できる

いつも偉そうにしている兄姉と、悩みのタネの弟妹と常日頃から接していると、面倒なことへの対応が自然と身につくもの。真ん中というポジションから抜け出せない代わりに、自分の立ち位置を直感的に把握できるようにも。人生という名の旅の最悪な座席に座っているかもしれないが、それは最悪な人間を意味するものではない。

06.
臨機応変な対応力がある

ケンカになったら、真ん中の子はムダなことはしない。バカなことばかりする人には慣れているから、どう対応したらいいかも分かっている。誰かとケンカしながら成長すると、臨機応変な対応力に磨きがかかる。真ん中の子が強い理由は、思い通りにモノゴトを終える手段を知っているから。

07.
セルフプロデュースに
長けている

人格を形成する要素を知っていますか?それは、真ん中の子でいること。なぜなら、真ん中の子は一番努力するから。「末っ子」というだけで、いつも可愛がられることもない。つまり、自分から注目を集める必要がある。自分から目立たなければいけない。他に誰も助けてくれないのだから。

08.
論理的な交渉術が
板についている

真ん中の子は、両親から多くを与えてはもらえない。「私がお姉さんなんだから」なんて言えないし、「一番下だから」も、一切なし!退屈な子どものバニラアイスみたいなもの。可愛さや責任じゃなく、ロジカルな交渉が上手くなければ勤まらない。だから、真ん中の子には、役員とか社長クラスのエグゼクティブが多いのかも。合理的な議論、戦略、ずる賢さで欲しいものを手に入れる術を知っている。

09.
欲しいモノのために
ひたすら努力できる

世の中タダでもらえるものなどない。簡単に手に入るものなんてないんだ。何かを手に入れたければ、本気で努力しなければいけない。だから、価値があるものとそうでないものをすぐに判断できるようになる。そうして手に入れたものに感謝する。だって、苦労して手にしたものだから。期待しないしねだらない。ただ、自分から勝ち取るのみ。

10.
モノの価値を
理解している

とかく真ん中の子はシェアが上手。だって、“独り占め”なんて許されなかったから。兄姉からのお下がりを丁寧に使って、また弟妹へ引き継ぐ必要だってある。ピカピカの新品なんてめったにお目にかかれない。私のものは兄弟のもの。物質的なものには価値を見出さない。それって、人生で大切なことなんだと、子どもの頃から分かってたわけで。

11.
「称賛」を己の力で
引き寄せる

最悪になることがない代わりに、決して最高にはなれない立場。基準値を引き上げる兄や姉。面倒で困らせる末っ子。真ん中の子どもは、結局すべての賞を取り損ねる運命。両親は、一番のものは上の子に与えてしまい、二番目はちょっと飽き気味、その失敗を下の子を甘やかすことで埋めようとする。
「どれだけ特別な存在か」なんて言われることもないから、自分たちの芯の強さで周囲に気づかせる必要がある。私たちが必要な賞は、結局のところ自分自身だけなのだ。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

「足の指の長さ」をチェックするだけで性格が分かる!あなたはどのタイプ?
強いメンタルを手に入れたい人へ「20の心得」
心配性の人と付き合う前に、知っておきたい10のコト。「一人になりたい時もある」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP