ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現代に蘇った「動く浮世絵」。そのクオリティの高さに脱帽!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『富嶽三十六景』といえば、かの有名な浮世絵師、葛飾北斎の代表作。その中でも『神奈川沖浪裏』は、世界でもっとも有名な日本美術作品の一つだと言われています。

描かれているのは、大きな波、船、そして富嶽を意味する富士山。特に大波のダイナミズムは秀逸で今にも動き出しそうな……。えっ!?ホントに動いてますけど!!

実はコレ、映像クリエイター瀬川三十七氏が制作したGIF動画の一つ。浮世絵の世界が見事なアニメーションで表現されています。

同氏は主にTwitterで作品を公開中。今回はその一部をご紹介しましょう!

ここからは、同氏の類まれな創造性がさらに加速。添えられる「つぶやき」にも、独特のユーモアを感じずにはいられません。

いかがでしたか?自然に次の作品をクリックしてしまいますよね。その無意識の行動が、高いクオリティの何よりの証明になるはずです。

Licensed material used with permission by 瀬川三十七

関連記事リンク(外部サイト)

これぞ匠の技!『スター・ウォーズ』の世界を表現した浮世絵に注文が殺到
たったひとりで8つの楽器を同時に操る男!「ボブ・マーリー」の名曲を完全再現!
【本日と明日開催!】「小さな隅田川花火大会」がめちゃくちゃ気になる!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP