ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MVNOシェアNo.1 OCN モバイル ONEが選ばれる理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

OCNモバイルONEはもっとも利用者が多い格安SIM(MVNO)と言われています。どうしてそれだけの人気を保っているのか、その魅力を検証してみます。
OCNモバイルONEを運営するNTTコミュニケーションズは、MVNOとしては加入者数最大を誇り、さらに加入者を伸ばし続けたMVNO界の雄。さて、どうしてそれだけの人気を保ち続けているのでしょうか。

NTTコミュニケーションズは、実はもっとも古くMVNO事業を始めた事業者の一つ。意外かもしれませんが、後にソフトバンク系になった旧イーモバイルやKDDI系だった旧ウィルコムを使ったMVNOを提供するなど、MVNOを手広く扱っています。

NTTコミュニケーションズがMVNOなどの仮想通信事業に力を入れている唯一にした最大の理由は、NTT分割の際にユーザと直接つながる回線、すなわち「アクセス回線」をNTT東西とNTTドコモに全部持っていかれてため、NTTコミュニケーションズには中継網しか残されなかったからです。ユーザと直接つながるアクセス回線をなくしてしまったので「回線を借りてサービス提供する」という選択をせざるを得なかったということでしょうか。

その苦境から、アクセス回線を借りて魅力的なサービスに集約する技術が磨かれ、特にグループ外の回線を借りてそれを自社サービスでうまく使う柔軟性のきっかけになったといえるでしょう。

NTTグループの中の主要通信事業者の中でも、長距離電話やインターネットプロバイダという、唯一競争環境におかれた事業を引き継いだのがNTTコミュニケーションズでした。そのため、通信競争時代の一番最初から「どうやってユーザに選ばれるか」研究していた会社とも言えます。そこに、NTTの高い技術力がプラスされるので品質の高いサービスが生まれる背景となったのです。

柔軟性やユーザ指向の考え方が、OCNモバイルONEが圧倒的な支持を集めた一日容量プランを生んだと言えるでしょう。一ヶ月間の総容量で区切るのが当然だったLTE時代にあって、毎日通信容量がリセットされるというのは全く新しい価値でした。特に、大容量のゲームや動画をダウンロードしたりするようなホビーユースよりも、毎日ほどほどの量を気にせずに使いたい、という実用・ビジネスユースの需要をがっちりとキャッチ。

また、日本最大級のIP電話基盤を使った050IP電話サービスを格安で提供していますし、容量を無駄にしないためのターボスイッチ機能も提供するなど、本当にユーザに役立つものに絞り込んでその価値を徹底的に磨き上げています。

 

さらに先日は、050からはじまるIP電話サービス「050plus」や大容量クラウドサービス「マイポケット」、高速通信のON/OFFや追加容量の申し込み・利用確認ができる「OCN モバイル ONE アプリ」を利用するときの通信量がSIMの容量を消費しなくなるという「カウントフリー」機能を実装。

IP電話やクラウドを存分に使いたいけれど格安SIMだと容量を消費しちゃうのが心配で……というユーザの懸念をあっさりと乗り越えて見せました。これだけ「ユーザの本当の使い方」をとことん研究して作られたプランや機能ですから、人気になるのもうなずけます。その結果が、MVNOシェアナンバー1に現れているわけです。

どんな使い方をする人にも必ず答えを用意しているのがOCNのMVNO。SIMを選ぶときにはとりあえず選択肢に入れておいて間違いなし!と言えます。

(文:記者M)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP