ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

脇雅史・前自民党参議院幹事長 AMK長老支配の構図を懸念

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国では、独裁に突き進む習近平に対し、江沢民をはじめとする党長老たちが不満を抱き、「上海株暴落をしかけたのではないか」と噂されるほど。権力闘争で国家が揺らぐとはいかにも中国らしい話だが、実はそれは対岸の火事ではない。

 この日本においても、厳然とした「長老支配」が存在する。総裁選で対抗馬が出ないほど圧倒的な権勢を誇る安倍晋三・首相が、唯一恐れる存在が自民党の長老たちなのだ。

 その“陰の権力構造”を暴露したのが、参議院の抜本改革を求めて自民党会派を離脱した脇雅史・前自民党参議院幹事長だ。脇氏は8月24日付産経新聞のインタビューで、長年参院自民党を牛耳ってきた3人の重鎮の弊害を語った。

「『AMK』って知っていますか。Aは額賀派(平成研究会)の青木幹雄元参院議員会長、Mは細田派(清和政策研究会)会長だった森喜朗元首相、Kは岸田派(宏池会)名誉会長の古賀誠元幹事長です。参院には、この3人を後ろ盾に3派の言うことを聞いていればいいという風潮が根強い。AMKも、いまだに色々な情報が集まるので面白く、現役に口出しを止めません。この悪循環は断ち切った方がいいよ。現役も、ご意見お伺いはもう止めた方がいい」

 この発言に政治部記者は、「ついに公の場でいってしまった。記者の間では『3派連合』という言葉が3長老の隠語となってきたのだが」と苦笑いする。参院自民党は、青木氏の出身派閥の平成研、森氏の清和会、古賀氏の宏池会の3派で約6割を占めており、「役員人事はいまだに3人の意向で決められている」(清和会参院議員)という。現在の溝手顕正・参院議員会長は宏池会、伊達忠一・参院幹事長は清和会、そしてこの前参院幹事長だった脇氏自身、かつては平成研で青木氏の子分だった。

 その長老支配を揺るがしかねなかったのが、参議院の定数是正問題だった。「1票の格差問題」で違憲状態となった参議院の選挙区について、脇氏が抜本的な合区による改革案を提案すると、溝手・議員会長が強硬に反対しそれを潰した。溝手氏は後に「できるだけ仲間が生き延びるようにするのも私の責任」と告白したが、背後にはAMKの意向があったとされる。

〈(溝手氏の)腰が重いのには、ほかにも事情があった。合区対象である島根県選出だった元参院議員、青木幹雄氏の存在だ。いまだに参院内に影響力を保ち、合区に反対していることを無視するわけにはいかなかった〉(中国新聞7月10日付)

 それに逆らった脇氏は、参院幹事長を更迭され、現在は会派も離脱している。なぜいま、長老支配を暴露したのか。本人に聞いた。

「酒の席で話したことをそのまま書かれちゃってね。ただ、私はAMKじゃなく、AKM3といったんだ、AKB48をもじって(笑い)。どちらにしても私の造語だが、長老たちが砂防会館(国会近くにある政治家の事務所が集まるビル)に議員を『ちょっと来い』とかいって呼びつけて目を光らせているのは事実。経験も情報もネットワークも持つ彼らが意見をいうことは構わないが、それにNOといえる人がほとんどいない長老支配の構図はよくない」

※週刊ポスト2015年9月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
石破茂氏 解散決定時に国会内で使用制限の携帯メールしてた
自民党参議院改選議員 来夏の選挙心配で安保特別委に尻込み
9月の内閣改造 最大のサプライズは小泉進次郎氏の入閣か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。