ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

天国の愛犬が教えてくれた「6つのコト」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

嬉しい時も、悲しい時も、いつも側にいてくれる。そんな愛犬のキュートな姿には、多くの人が救われているはずです。
でも、犬は決して可愛いだけではありません。Jeanette Bronée氏が「mindbodygreen」のこの記事に、亡くなった愛犬から教わったことをまとめています。どうやら、彼女はその存在を失って初めて、自分が救われていたことに気がつけたのだとか。

 

01.
好きなことを
精一杯楽しむべき!

最期の日がいつになるのかは誰にも分かりません。考えなくていいことで、無駄に1日を使うのはやめましょう。自分が好きなことに、今日を費やすのです。

02.
お金では買えない
“愛”の大切さ

犬が気にしているのは、あなたが相手をしてくれるかどうかだけ。愛を交わした分だけ、懐かしむ思い出が増えます。

03.
今、何をするかが大切

犬は、ただ人生を楽しんでいます。人生には限りがあるので、時間は非常に大切なもの。今、この瞬間は二度と戻ってきません。与えられた時間で「何をするのか」だけを考えるべきです。

04.
惜しみなく誰かを愛する

犬は全力で愛してくれます。いくらあっても困ることはありません。愛が大きければ、失う傷も深いですが、愛があるからこそ立ち直ることができることも。自分が与えられる愛は、惜しみなく与えましょう。

05.
悲しみから学ぶこともある

泣いている時には側にいてくれて、泣き終わったら顔を舐めてくれます。物事を悲しむのは悪いことではありません。悲しみが、心を開かせてくれ、周りの愛やサポートに気付かせてくれることもあります。

06.
自分を愛し抜く!

安心したい時には、丸くなって隅にいきます。自己批判なんてしません。思い切り、自分を愛しましょう。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

関連記事リンク(外部サイト)

本当に優しい人ほど、強い心を持つ「7つのワケ」。思いやりは世界を変える!
強いメンタルを手に入れたい人へ「20の心得」
恋人との別れが脳に与える影響とは?現実的な痛みも伴うことに・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP