体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「こどものきもち」vol.6 キム・ソンへ

17

 

「悩みがなかった子どもの頃に戻りたい」なんて台詞をよく聞くけれど、子ども時代にも悩みはもちろんあったのを大人になって忘れているだけだと思う。小さいながらにプライドも心配かけたくないという想いもあって、誰にも相談できないこともあるかもしれない。子どもに笑顔で過ごしてもらうにはどうしたらいいのか。全6回にわたり、子どもを持つ親であるクリエイターに登場してもらい、日頃どんな風に子どもと接しているか、親子関係で大切にしていることなどを語ってもらう本連載。最終回となる今回は、シャンデリアアーティストのキム・ソンへが登場。三人の子どもを育てながら数々の作品を発表し、今年でデビュー10周年を迎える彼女。多忙な日々のなか、仕事と家庭の両立、そして子どもたちとどう向き合きあっているか、改めて話を聞いた。

――今年でデビュー10周年ですね。

キム・ソンへ「2005年に独立して、今年で10年目になります。もともとファッションの世界にいて、デザインの専門学校を卒業した後は、アルバイトをしたり、ノゾミイシグロで働いたりしてました。2006年にroomsに初出展したのが自分にとってのデビューです。シャンデリアを作りはじめたのはほとんど思いつきでした。ノゾミさんの演出を手がけていた男性が石でシャンデリア作っていたんですけど、その作品があまりに衝撃的で、自分でも作ってみようと思ったのがはじまりです。たまたまぬいぐるみが沢山あったので、最初の頃は手持ちの廃材で作ってました。それからどんどんコラボが多くなって、既成の素材も使うようになったり……。

今年の11月にラフォーレミュージアムで個展を開きます。同時に、作品集も出す予定。作品集は去年からずっと作っていて、ちょうど個展も決まったことだし、タイミングもいいということで合わせて出すことになりました。私にとっては初ブックです。個展も作品集も10周年のいい記念になりそうです」

00 08 27 33

 

 

 

37

――アーティストとして活躍する傍ら、三人の子どものお母さんとしての顔も持つキム・ソンへさん。子どもを生んで何か変わったことはありますか?

キム・ソンへ「一人目が産まれたのはデビューから3年後のこと。“子どもを育てていかなきゃいけない!”っていう本能的な何かが働いたのか、子どもを生んでからすごく保守的になっていた時期がありました。それまで何も考えずに作っていたのが、“こういう風にした方が売れるかな?”っなんて、ヘンにあれこれ考えるようになっちゃった。保守的な要素が入ってきたことで、思うように作品が作れなくなっていったというか。何だか面白くないなって思いながら、ひとり悶々としてました。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。