ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国内唯一の「人工サーフィン施設」が神戸に!将来は東京や沖縄にも!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「一度でいいから波に乗る感覚を味わってみたい!」きっと、そう思っている人は多いはず。ただ、一歩を踏み出すにはかなり高いハードルがありますよね。

そもそも、サーフィンは波のある海へ行かなければ体験できません。海へ行ったとしても、「どのあたり」に「いつ」波が来るのかは、未経験者には予測不可能。どんな用具が必要なのか、雰囲気に馴染めるのかといった不安もあるでしょう。

でも、安心してください。それらの課題を一気に解決し得るプロジェクトが、神戸市で進行中なのです!

救世主の正体は、「KOBE-REYES-(コウベレイーズ)」と名付けられた国内唯一の人工サーフィン施設。未経験者をメインターゲットとしているため、用具のレンタルも可能。無料講習だって受けられる予定です。

事業を企画したのは、神戸市に本社を構える株式会社レスポンスエンジニア。同社が独自に開発した造波装置と人工リーフ(地形)を用いて、世界のどこにもない、限りなく本物に近い波を目指すとのこと。計画では、一日の営業時間を三分割し、それぞれで波の高さを変更。利用者は自身のレベルに合った「波」の選択が可能となります。

場所は、Kobe天空リゾート みのたにグリーンスポーツホテルの敷地内を予定。オープンは2016年4月の見込みで、将来的には「TOKYO-REYES-」「OKINAWA-REYES-」の展開も視野に入れているのだとか。

ちなみに、同施設のテーマは「波のない街、神戸から」。そのムーブメントがどこまで広がりを見せるのか、要注目です!

Licensed material used with permission by 株式会社レスポンスエンジニア

関連記事リンク(外部サイト)

光る波を乗りこなす!世界初のエレクトリカル「ナイトサーフィン」が楽しそう
超有名サーファーが大会中にサメに襲われた瞬間!でも、パンチして撃退!?
世界が感動した「プロサーファーの失格」。その理由とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP