ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京都世田谷区を舞台に描く青春群像劇、1週間限定で公開!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

園 子温監督に師事し、今作が初長編監督作品となる田中佑和監督の映画『青春群青色の夏』が、9月5日よりテアトル新宿にて1週間限定公開される。

本作は、田中監督自らの体験をもとにした青春映画。
東京都世田谷区に住む、高校3年生の秋山耕介。夏休みのある日、家出をした小学校の同級生・夏木真太郎が、耕介の家に転がり込んできた。性格も正反対で、大して仲が良かったわけでもない2人だが、やがて部屋には真太郎の友人たちが増えていき、徐々に耕介の夏休みがかき乱されていく――。

1週間の公開期間中は、毎日21時より上映。園子温監督をはじめ、ゲストが登場する終了後のトークイベントも予定されているので、お見逃しなく!

青春群青色の夏
監督・脚本:田中佑和
出演:金田侑生、遠藤耕介、生沼 勇、上川雄介、中村 唯、山田篤史、湯原彩香、睡蓮みどり、高崎二郎、屋根三郎、川連廣明、鈴木太一(『くそガキの告白』監督)、寺内康太郎(『デメキング』監督)、白石晃士(『ある優しき殺人者の記録』監督)
(2015年/日本)
9月5日(土)テアトル新宿にて1週間限定レイトショー
©青春群青色の委員会/(株)small river
http://seishungunjyou.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP