ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これ本当に平面!?リアルすぎる3Dトリックアートが面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オフィスに着いたら、マウスパッドの上に大きなクモが!

大ピンチの状況だが、ご心配なく。

こちらはロシア出身のアーティスト、Stefan Pabst氏のトリックアート。

人間の目の錯覚や影の付け方を工夫し、平面に描いた絵を立体に見せている

浮いているようにしか見えないが、これもやっぱり平面。

しかも3Dを描くアーティストの多くは、デジタルソフトを使用して陰影を計算し制作を行うが、Pabst氏の場合はすべて手書き

細かいところもすべて筆で描くことで、より実物らしい存在感を放つ。

毎日、10時間は机にむかって制作に没頭するというPabst氏。

彼の技術は日々向上しており、次々とイリュージョンを生み出している。

彼のYouTubeチャンネルでは、制作過程を動画で公開。

興味がある方や、これが平面に描かれたものだと信じられない人は、ぜひチェックを!

YouTube
https://www.youtube.com/user/lanevski1
Facebook
https://www.facebook.com/stefan.pabst.167/timeline

トリックアート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP