ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ドル円週間見通し】米雇用統計で9月利上げの最後の見極め

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が8月31日~9月4日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円はもみあいか。米利上げ時期が9月から後退するとの観測が強まっており、期待先行の相場からはトーンダウンしそうだ。年内利上げ方向を背景にドル買いは続くものの、中国経済の不透明感で積極的なドル買いは手控えられる見通し。4日の米雇用統計が予想を大幅に上回らないと9月利上げへの期待は盛り上がらないとみられる。

【8月米雇用統計】(9月4日)
 米連邦準備制度理事会(FRB)が雇用情勢を最重要視していることから、9月利上げの有無についての最後の見極め材料となりそうだ。市場予想は+21.8万人程度。非農業部門が20万人以上の増加ならば、まずまず良好と言えそうだが、予想通りであれば、9月利上げの可能性が高まることはないとみられている。ただし、市場予想を大幅に上回った場合は9月利上げ期待が再燃し、リスク選好的なドル買いが強まる可能性があるので注意したい。

【20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議】(9月4日-5日)
 9月4日~5日にトルコ・アンカラでG20財務相・中央銀行総裁会議が開催される。市場参加者の間では今回のG20会合では、中国やブラジル情勢が議題に上るとの見方が出ている。米国の金融政策(利上げ)について議論されるとの声も聞かれているが、中国経済の現状や今後の見通しに関する中国側の見解が注目される。内容次第では主要国の株式相場や主要通貨の動向に大きな影響を与える可能性がある。

 8月31日~9月4日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(米)8月ISM製造業景況指数 1日(火)午後11時発表予定
・予想は、52.8
 参考指標となる8月マークイット製造業PMIは52.9で7月実績の53.8を下回った。また、各地区連銀の景況指数はまちまちとなっており、8月ISM製造業は7月実績の52.7と同水準か、やや下回る可能性がある。

○(米)8月ADP雇用統計 2日(水)午後9時15分発表予定
・予想は、前月比+20.0万人
 参考となる7月実績は、前月比+18.5万人で市場予想をやや下回った。雇用創出のペースはやや鈍化しつつある。8月中の新規失業保険申請件数は7月実績と大差ないことから、8月の雇用者数は市場予想をやや下回り、19万人程度となる可能性がある。

○(米)7月貿易収支 3日(木)午後9時30分発表予定
・予想は、-443億ドル
 参考となる6月実績は-438.4億ドル。ドル高や原油安の影響で輸入額は減少する可能性があるが、輸出は伸び悩みとなっていることから、7月貿易収支は6月と差のない結果となりそうだ。貿易赤字の大幅縮小は当面期待できない。

○(米)8月雇用統計 4日(金)午後9時30分発表予定
・予想は、非農業部門雇用者数は、+21.8万人、失業率は5.3%
 非農業部門雇用者数の7月実績は前月比+21.5万人。小売、製造業分野など幅広い分野で雇用増が確認されており、雇用情勢の回復が続いていることを示唆する内容だった。8月については、7月並みの雇用増が予想される。失業率は7月と同水準の5.3%となる見込み。

○日米の主な経済指標の発表予定は、8月31日(月):(日)7月鉱工業生産、(米)8月シカゴ購買部協会景気指数、9月2日(水):(米)地区連銀経済報告書公表、9月3日(木):(米)8月ISM非製造業景況指数

【予想レンジ】
・米ドル/円:118円00銭-123円00銭


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【ドル円週間見通し】レンジ上限接近でドルの一段高は期待薄
米国の利上げ 「早くても9月」と想定するのが無難と専門家
カナダドル 利上げの可能性もありでポートフォリオ通貨にも

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP