ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

26kgのダイエットに成功の50代女性 やせるテクニックを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1年間で26kgのダイエットに成功した柳澤英子さん(55才)が行ったダイエットを紹介した、レシピ本『やせるおかず作りおき』は、今や10万部のヒット作だ。50代の著者・柳澤さんが実践した “やせるためのテクニック”を紹介する。

 人の体は食後に血糖値が上昇するが、それが急激だったり頻繁だと、体脂肪が多く蓄積されて太ってしまう。その血糖値を上昇させるのが、ご飯やパン、めん類などの炭水化物、そしてスイーツや果物などに含まれる糖質だ。

 つまり、やせるには糖質を制限し、血糖値の上昇をゆるやかにすることが近道といえる。そのため、まず徹底すべきは、糖質オフの食事だ。

「主食にはほとんど口をつけないか、食べても普段の3分の1~2分の1に控えます。また、甘さを感じるものは糖質が含まれているため、できるだけ控えました。すると、カロリー制限ダイエットをしたときより、大幅に体重が減ったのです。しかも、野菜だって肉だって、糖質以外の食品なら何でも食べられますから、食べちゃダメというストレスもありません」(柳澤さん。以下「」内同)

 お腹を満足させるには、食べる順番も大切。柳澤さんは、生の野菜→加熱した野菜(スープも含む)→肉や魚、豆製品の順に食べ、体重が大きく減った当時は主食は摂っていなかった。

「生の野菜から食べると、必然的によく噛むことになるので、満腹感が得られます。ご飯などの炭水化物は、食べなければ確実にやせますが、それだと切ないという場合は、血糖値の上昇が緩やかになるよう、食事の最後に食べて」

 血糖値が上昇しやすい白米には、食物繊維の多い雑穀を混ぜて、ビタミンやミネラルといった栄養価をアップさせる。そうすることで、ダイエットにつきものなカサカサ・しわしわ肌は回避できる。パスタなら全粒粉、パンはライ麦、全粒粉や雑穀入りがおすすめだ。

※女性セブン2015年9月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
カルボナーラとペペロンチーノ 太りにくいのはどちらか?
焼肉定食と寿司御膳 太りやすいのはどちらかを専門家が判定
73kg女性が1年で26kg減 カギは血糖値、酵素、食物繊維

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP