ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

姿勢までチェック!?日本発、仕事をサポートしてくれるスマートクッションが面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本からまた1つ、期待のスタートアップ企業が誕生。

創業間もないStrobo社が開発したのは、IoT化を効率化するためのソリューション「Strobo IoT Suite」。

生活の中にあふれるたくさんの面倒ごとを解決し、より豊かなライフスタイルの実現をめざすというのが、同社のミッションだ。

その第1弾製品として登場したのが、「cuxino(クッシーノ)」。スマートフォンと連動し、椅子の上に置くだけで姿勢を改善し、サポートするスマートクッションである。

・多彩な機能でデスクワークを快適サポート

「cuxino」は、単なるスマートクッションにあらず。労働を効率化するさまざまな機能が、実装されている。

まず、専用アプリが座ったときの姿勢を、リアルタイムで評価する機能。悪い姿勢が続くと、スマホが震えて通知。改善をとことん、サポートしてくれる。

姿勢の評価はアプリに蓄積されるので、あとで振り返ることも可。良い姿勢で働いていたか、着席・離席の状況から、どれぐらい仕事に集中していたか、知ることができる。

仕事中席から立ったとき、自動でパソコンにスクリーンロックをかける機能もあり。仕事に集中できるよう、常に最適な環境を作り上げるところも、「cuxino」の利点だ。

・ウェブサービスやネットワーク連動型電化製品とも連携

出勤して座布団に座った際は、Slackに自動で会社に来たことを通知。

ウェブサービスはもちろん、Hueなどネットワーク連動型電化製品との連携も取れる。それらを活用することで、可能性は無限大に広がるのだという。

今秋より製品のクオリティ向上に向けて、モニタープログラムを実施する予定。

興味のある人は、応募してみてはいかがだろうか。

cuxino

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP