ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ありそうでなかった!シリアルのサクサク感を最後まで楽しめる“2層ボウル”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

忙しい朝の定番メニューといえば、やっぱりシリアル

サクサク食感が魅力だが、時間が経つうちにシリアルが牛乳を含みすぎて、ベチャベチャになってしまった…という経験、誰にでもあるのでは?

最後の一口までサクサクの食感を楽しみたい!そんな人にぴったりのボウルがこちら。

・最後までシリアルのサクサク食感を楽しめる

「Obol」は、ミルクとシリアルのスペースが、セパレート式になった便利な食器。

右サイドだけ仕切りがないので、そこから少しずつシリアルを手前のミルク側に入れれば、“混ざりたて”の食感と味わいを楽しむことができる。

シリアル以外にも、ディップとチップス、フルーツとヨーグルトなんて組み合わせにもぴったりで、さまざまな料理に活躍してくれそう。

・ポップなカラーで子どもにもオススメ

カラーは、グリーン、オレンジ、ブルー、ピンクの4色で、サイズは2種類で、価格は12.99ドル(約1600円)から。

 

これまでありそうでなかったこのボウル。

シリアルをもっとおいしく食べるため、1人1個持っておいてもいいかも!?

Obol
http://www.obol.co/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP