ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気占い師が提言「オコエ選手は海外のほうが活躍しやすい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 西洋占星術とタロットカードを駆使した独自の占いで話題の占い師・キャメレオン竹田。『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)や『TOKIO×(カケル)』(フジテレビ系)などテレビでも活躍中の彼女が、話題の有名人の未来を予測するシリーズ「“きゃって”に占い」。今回は、夏の甲子園で活躍し、ともに「U-18ベースボールワールドカップ」の侍ジャパンのメンバーとして出場する、早稲田実業1年生の清宮幸太郎選手と、関東一高のオコエ瑠偉選手を占ってもらいました。

【プロフィール】
清宮幸太郎
生年月日:1999年5月25日 16歳
出身地:東京都
早稲田実業高校野球部1年生として第97回全国高等学校野球選手権大会に出場。準決勝まで進出し、2本のホームランを打つ。18歳以下の野球ワールドカップ(8月28日?)に出場する日本代表に選出。父親は、元ラグビー選手でトップリーグ・ヤマハ発動機ジュビロ監督の清宮克幸氏。

オコエ瑠偉
生年月日:1997年7月21日 18歳
出身地:東京都
ナイジェリア人の父と日本人の母を持つ。関東第一高校野球部3年生として第97回全国高等学校野球選手権大会に出場。並外れた身体能力で活躍し、チームの準決勝進出に貢献。18歳以下の野球ワールドカップ(8月28日?)に出場する日本代表に選出。高校卒業後のプロ志望を明らかにしている。

 * * *
──今年の夏の甲子園を沸かせた2人の高校球児について占っていただこうと思います。まずは、早稲田実業の清宮幸太郎選手。中学生時代から怪物と称されていた選手で、1年生ながらレギュラーとして試合に出場していました。

竹田:ホロスコープ的には、瞬発力もあって、流れに乗る力もあって、大きな場面で底力を発揮できるタイプですね。

──スポーツマンとしては、とても良い感じですね。

竹田:そうなんですよ。大事なところで結果を出すタイプです。

──今年、清宮選手は1年生として甲子園に出場し、準決勝で敗れてしまいました。たとえば2年後、3年生の夏なんかは、どうなっているんでしょうか?

竹田:清宮選手のホロスコープを見ると、もともと“行動”や“エネルギー”などを司る火星と、人生の方向性を決める太陽が120度という良好な角度で配置されています。そして、2017年夏、その火星にちょうど “拡大や発展”を示す木星が乗ってくるんですよ。というわけで、ホロスコープ的には2年後の夏はとても良いです。これからのびのびと育てていけば、かなり良い結果に結びつく可能性が高そうですね。

──のびのびと育てるんですね。

竹田:あまり締め付けて指導するよりも、ある程度自由にやらせて、さらに褒めちぎるほうが、どんどん成長していくタイプなんですよね。

──清宮選手の両親は結構厳しいようで、たとえばお菓子やカップ麺などというものも禁止されているとの報道もありました。テレビもほとんど見ないとか。

竹田:ああ、ダメですね。ものすごく好奇心が旺盛なタイプなんですよ。なので、いろんな情報を与えたほうが、やる気も出てくる。締め付けをゆるくすれば、もっともっと成長すると思います。

──仮に高校卒業後にプロに進んだとして、すぐに良い結果を出せそうですか?

竹田:最初の半年くらいはちょっと試練になるかもしれません。ただ、そこを乗り越えると、一気に開眼して、活躍できそうな感じですね。

──では、次に関東一高のオコエ瑠偉選手は、ホロスコープ的にどんな人物なのでしょうか?

竹田:自立心が強くて、他人との距離感をしっかり保つタイプ。周囲の人とベタベタするようなことはないですね。ただ、自分が所属しているチームのためには、ちゃんと献身的に働くことができるタイプでもあります。面倒見もいいですね。

──オコエ選手は、すでにプロ志望を表明しています。

竹田:もう成り行きに任せていけば大丈夫だと思いますよ。

──特に本人がその意志を明かしているわけではないのですが、たとえばメジャーに挑戦するなんていう可能性はどうでしょうか?

竹田:オコエ選手の人生を示す太陽と“海外”を示す射手座サインの冥王星が120度という良い角度で配置されているんですよ。なので、実は海外のほうが良い結果が出やすいというか、本人がよりいきいきして、本来の力が発揮されやすいというのはあるかもしれないです。

──オコエ選手は身体能力が高いので、野球以外のスポーツをやってもいいのでは?という声もあります。特に俊足なので「陸上なんかはどう?」なんていう意見もありますが、いかがでしょうか?

竹田:いや、実はチームプレイのほうが向いてますね。なので、個人競技の陸上よりは、野球のほうがいいと思います。あと、常にキャーキャー言われていたいタイプで、騒がれることが良い結果につながりやすいんですよ。なので、人気のあるスポーツをやったほうがいいと思います。そういう意味では野球をやっているのは正解ですね。

 * * *
 ホロスコープ的には、どうやら順調な野球人生を歩んでいきそうな、清宮選手とオコエ選手。2020年の東京オリンピックでは、野球の正式種目復帰も予想されているが、この2人がいれば金メダルも確実か!?

【プロフィール】
キャメレオン竹田/占い師、作家、イラストレーター(画家)、株式会社トウメイ人間製作所代表取締役。
西洋占星術とタロットカードを駆使した独自の占いにより、人気が殺到し現在は予約することが困難となっている。『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)で若手芸人の悩みに答える「開運!ネタ見せ風水館」や、『TOKIO×(カケル)』(フジテレビ系)で女優さんの悩みに答える「占い人間ドック!!」でも話題。テレビ・ラジオ出演、雑誌連載のほか、占いアプリも複数監修。著書は、『当たりすぎて笑える!星座★誕生日占い12星座シリーズ』(主婦の友社)など計14冊。
オフィシャルサイト:http://www.chamereontakeda.com
オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/oopochisan
LINE公式ブログ:http://lineblog.me/chamereon/


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
プロ注目もオコエの課題は打撃 木製バットで芯捉えられるか
オコエ、清宮の活躍背景にグローブの工夫や小指爪下のマメ等
黒田博樹や柳田悠岐も 甲子園不出場組のプロでの活躍目立つ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP