ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国国民 何よりも恐れているのは「親日派」のレッテル貼り

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 諸外国と同様、韓国では憲法で言論と表現、出版の自由を保障している。だが、「大統領に対する名誉毀損」の嫌疑で日本人記者を8か月も出国禁止にする国に、言論の自由があるとは到底思えない。

 韓国では親日的な発言をすることすら御法度とされている。国民が何より恐れているのは「親日派のレッテルを貼られること」だと在韓ジャーナリストの藤原修平氏は語る。

「慰安婦の強制連行を否定したソウル大の李栄薫(イヨンフン)・教授は『民族の裏切り者』として慰安婦の前で土下座を強要され、日本の植民地支配を肯定的に論じた同大の安秉直(アンビョンジク)・教授は公衆の面前で殴る蹴るの集団暴行を受けました。

 たとえ史実に基づいた客観的評価であっても、ひとたび韓国人の“反日センサー”に触れると理不尽な社会的制裁を免れないのが韓国の実情です」

 また、韓国軍のベトナム戦争における蛮行については“韓国最大のタブー”とされ、それを報じた新聞社が極右団体の襲撃を受けたこともある。  

※SAPIO2015年9月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
韓国の反日スレ「日本に爆弾テロする?」「お前通報シマス」
韓国 慰安婦を人権問題として世界に注目させ日本の譲歩狙う
韓国で史実を客観的に主張すると「売国奴」とされ攻撃受ける

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP