ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「日本人の半数はがんに」も60才未満の罹患率は高くない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女性の加入者が増えている「医療・がん保険」だが、本当に必要なのだろうか。まず知っておきたいのは、がん保険の宣伝でよく耳にする「日本人の2人に1人はがんになる」という文句にはマジックがあることだ。

 たしかに一生涯で考えると半数以上ががんになるが、60才になるまで、がんになる可能性は必ずしも高いとはいえない。

 女性が60才までにがんと診断される確率は11%で、80才でも29%だ。男性の場合でも60才までは8%と低く、80才で41%。90才、100才まで生きて5割に達する。

 つまり、がんが心配ならば高齢者になってから保険をかければいいのだが、もちろん保険料もハネ上がる。

 また、「がんの治療費は高い」というイメージが強いが、若くしてがんを患っても経済的な負担は思ったほどかからないケースが多い。

 アフラックが2011年、がん未経験者を対象に、治療費に食事代や交通費などを含めた「がん治療全般にかかわる費用はいくらぐらいか」を聞いたところ、半数以上が「300万円程度」ないし「300万円より多い」と予測した。

 ところが、実際にがん治療を経験した人の約7割は「50万円程度」ないし「100万円程度」と回答した。

 女性セブンの試算でも、5大がんの治療費の自己負担額は最も安い胃がんで14万円、最も高い乳がんでも92万円に収まった。現在、多くのがん治療は100万円以内でまかなえるのだ。

※女性セブン2015年9月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「2人に1人が癌に」と保険会社いうが50歳までに罹る確率2%
医療進歩で“がん=死”でなくなる 平均20日程度で退院も
がん治療負担額を大幅軽減させる「高額療養費制度」利用価値大

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP