ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国抗日戦争勝利パレード 102歳老兵士ら参加で健康懸念も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月3日に北京で行われる中国の抗日戦争勝利70周年記念軍事パレードに約100人の老兵士が参加するが、彼らの平均年齢は90歳で、最高齢者は102歳であることが分かった。このなかには中国国民党軍の兵士だった約30人も含まれている。

 ネット上では「炎天下の中で、パレードに参加して、体が心配。倒れるのでは」と懸念する声も出ているが、中国政府の担当者は「1人1人に医師と看護師を付けて、健康面で万全の態勢をとっている」と自信を示している。香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が報じた。

 抗日戦争に参加した元兵士は中国全土で約50万人が存命しているとみられ、それらの人々には今年の戦勝70周年を記念して5000元(約10万円)の報奨金が贈られた。

 中国政府は、パレード参加の30人を含む元国民党軍兵士約6000人にも報奨金を渡しているほか、パレード前日の9月2日には、共産党軍と国民党軍の区別なく、習近平国家主席から勲章が渡される予定だ。

 彼らの世話を担当する中国民生省では1人1人に医師と看護師を付けて、健康状態を常時チェックする態勢を敷いている。

 このほか宿舎として、北京中心部に位置する五つ星の北京首都ホテルを指定し、家族らも一緒に宿泊させるほか、食事も全て用意するなど細かい配慮をみせている。

 とはいえ、パレード参加の老兵士の平均年齢は90歳だけに、さすがにネット上でも「倒れるような事態になれば、中国政府の責任が問われるのは不可避。いまからでも遅くはないので、パレード参加を止めさせるべきだ」などと老兵士の健康を懸念する声が多数寄せられている。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国で抗日戦争を戦ったのは国民党軍 共産党は成果を横取り
西安事件の張学良 蒋介石ら国民党が共産党に負けた理由語る
SAPIO連載・業田良家4コマ漫画【1/2】 「鬼畜米英」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。