体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新旧フェアレディZが対決、勝敗はいかに!?往年のZファンには胸熱すぎる映像

新旧フェアレディZが対決、勝敗はいかに!?往年のZファンには胸熱すぎる映像

2台のフェアレディZによる競演。伝統的な名前を受け継ぐ6代目フェアレディZ、Z34こと370Zと、1970年のダットサン240Zの、新旧のZがトラックで競争する映像。

https://youtu.be/-VRnBKfPOvw

2008年デビューの370Zをチューンナップし、1970年の車が対決するだけだと結果は歴然ということで、旧車にもR直列6気筒のB26エンジンに乗せ変えるという、改造を施し対決。一方の240Zも、美しさに速さを追求したビルダーのゴードン・マクスワインの職人ワザも光る、気品溢れる車に仕上がった。

とはいえ要は45年も前のシャシーにスカイラインGT-Rと同じエンジンをぶっこむという力技、その結果はいかに?スラローム、ストレート、ロードコースなど様々な見地でシャシー性能を争ってみると、古いZも大健闘。

結果は判っているけど、240Zの名車たる所以を見せ付けるような、性能の良さを証明したこの企画。往年のZファンには胸が熱くなる映像である。

関連記事リンク(外部サイト)

『24時間テレビ』だけでは伝えきれない!現役プロレスラー・ハヤブサ選手の凄さとは!?
伝説のナイキCM「サンプラスvsアガシ」のストリートテニスが復活!90’s大歓喜でJUST DO ITすぎる
香川、岡崎だけじゃない!スイス・BSCヤングボーイズの久保裕也も大活躍、日本代表に呼んでくれ!
新旧フェアレディZが対決、勝敗はいかに!?往年のZファンには胸熱すぎる映像
リトルリーグ「台湾VSウガンダ」のフェアプレー精神が素晴らしすぎると話題に 張本さんもアッパレ!間違いなし

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会