ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

光で進行方向を教えてくれる自転車用ナビ「SmartHalo」が人気に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハンドルバーに装着するだけで、手持ちの自転車をスマートバイクにするガジェットが登場した。

・全天候対応のタフなガジェット

「SmartHalo」は多くの機能を搭載しながら、シンプルさにこだわった新しいスマートバイク・ガジェット。

まず、ハンドルバーに「SmartHalo」を装着。そして、iOSかAndroidのどちらかのアプリをダウンロードし、スマホと連動させる。

・目的地までナビ

まず、目的地までナビを使いたいときは、スマホで現在地と目的地を入力し、出発。

すると、ライトが直進、右に曲がる、左に曲がる、戻る、といった表示をしてくれる。

走行中に地図を見る必要がなく、少し手前からわかりやすく次のルートを教えてくれるので、不注意による事故も防げる。

・スマート盗難アラーム搭載!

「SmartHalo」は防犯対策も万全。

常にスマホと連動しているので、自転車泥棒の怪しい動きを感知すると「SmartHalo」が大音量で防犯ブザーを鳴らし、泥棒を撃退!すぐにスマホから自転車の駐車位置を確認できる。

・電話の着信もライトでお知らせ

走行中に電話が鳴っても大丈夫。ライトが点滅して、着信をお知らせ。

また、スマート・ナイトライトも搭載し、辺りが暗くなると自動的にライトがつく。

普通の自転車が一瞬でスマートに早変わりする「SmartHalo」。

充実の機能を備えながら、徹底したシンプルなデザインがうけたのか、Kickstarterで6万7000 カナダドルの目標を2.3倍上回る15万7000カナダドルの出資が集まっている。

販売予定価格は149アメリカドル。今なら131ドルで、先行予約受付中だ。(日本への送料は25ドル。)

シンプルでわかりやすいナビゲージョンで、実現されれば広い世代に受け入れられそうなスマートガジェットだ。

Kickstarter (SmartHalo – Turn your bike into a smart bike)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。