ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

意思をもった機械!?“究極に働かない”マシーンがなぜか人気に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

レバースイッチをONにすると、にゅっとアームが出てきてOFFにしてしまう…そんな役立たずマシーンが、なぜか人気を呼んでいる。

高い技術をつぎ込んだものがだ。

・意思を持った機械!?

「MOODY USELESS BOX」の原型は、1950年代に登場したらしい。情報工学の父といわれるクロード・シャノンと、人工知能研究の第一人者であるマービン・ミンスキーのジョークから生まれた。

「意思をもった機械とはどんなものか」を話し合い、「自分の意思でスイッチを切る」機械が誕生したといわれる。

その単純ながらもユーモラスな発想が人々の心をつかみ、多くの人が自作してきたとか。

・「OFFにするだけ」の機能を高機能化

「MOODY USELESS BOX」は、蓋が開いてアームがスイッチを動かす、それだけの動きを“完全にランダム化”。

アームが出てきてもスイッチを切らないフェイントを仕掛けてきたり、スイッチを切ったまま押さえ込んでしまったり、スイッチを入れても無反応…と思いきや数秒たってから俊敏にスイッチを切ったり。

タイミング、蓋の開け閉め、アームの速度、パターンは決まっておらずなにが起こるかはわからない。

予測のつかない動きを駆使し、“自分の意思”で人間との知恵比べを仕掛けてくる「究極機械」だ。

ランダム性が出たことで「次は何をしてくるか」を楽しむ、暇つぶしの役には立ってしまうのかもしれない。

・ムダに高級感あふれる設計

ランダムな動きを計算する高速チップに、エネルギー効率の良い歯車を用いることで、頻繁な電池交換は不要とのこと。

また、外装は高精度のレーザー加工で製造され、光沢仕上げも施されている。

Kickstarterで出資を募っているが、すでに目標額の3倍以上を集める人気ぶりだ。

価格は39ドルから、出資期限は9月11日となっている。

MOODY USELESS BOX

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP