ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西郷輝彦 『独眼竜政宗』共演の渡辺謙に「すげぇ奴出てきた」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 17歳で歌手としてデビューした西郷輝彦は、その後、舞台やテレビドラマで活躍し、俳優としてもその才能を見せつけた。そんな西郷が、大ヒットした大河ドラマ『独眼竜政宗』で演じたのが、渡辺謙演じる政宗を支える守役・片倉小十郎。それまで主役ばかり演じてきた西郷は、同作で何を学んだのか? 映画史・時代劇研究家の春日太一氏の週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。

 * * *
 若くして奥州の覇者となった戦国大名・伊達政宗の生涯を渡辺謙が演じた1987年のNHK大河ドラマ『独眼竜政宗』で、西郷輝彦は政宗に従い、支え続ける守役・片倉小十郎を演じた。

「あれは代役だったんです。でも、台本を読んで『これは面白い役だ』と思いました。ただ、最初は悩みましたね。これまで主役しかやってきませんでしたから、脇役はどうすればいいか分からなくて。『なんで、ここでアップが来ないんだ』と思うこともありました。

 勝(新太郎)さんが豊臣秀吉役で出ていたんですが、飲んだ時にそんなことを話したら勝さんにこう言われたんです。『アップなんていらねえんだよ。お前は一生懸命やってりゃいい。政宗が秀吉に無理難題を言われて困った時、視聴者は《小十郎は今どう思ってんだろう》と思う。そうなればお前の役は大成功だ』と。それで俄然やる気になりました。

 森繁久彌さんも同じことをおっしゃっていたんです。『舞台というのはテレビと違ってアップにできない。だから、お客さんは喋っている人しか見ない。その時、他の連中は死んでろ、動くな』と。動くと観客の目がそっちに行っちゃうんですよね。

 このドラマで謙ちゃんと芝居をして、『すげえ奴が出てきた。並の日本人のスケールじゃない』と思いました。それで、『これは、こっちは頭を使って芝居しなきゃダメだ』と。小十郎も何回かに一度、見せ場がありますから、そこは120%で行きました。そうすると、それまで抑えてきた分の効果が出てきますから」

 1987年の日本テレビ年末時代劇『田原坂』での里見浩太朗扮する西郷隆盛の弟・従道など、歴史上の人物も数多く演じた。

「歴史上の人物を演じる時は責任を物凄く感じます。西郷従道の時は斎藤武市監督に『鹿児島弁でやっていいですか』とお願いしたんです。『何を言っているか分からなかったら、やめますから言ってください』ということでネイティブな鹿児島弁でやったら監督は『分かるよ』と。気持ちが入っていれば、言葉は通じるものなんだと思います。

『昔の鹿児島ではそうは言わんだろう』とか言いながら、方言指導も僕がやりました。里見さんも『これは、どう言えばいいんだ?』と聞いてくるので、『こう言ってください』と教えたりしていましたね。

『南洲翁異聞』(2008年、鹿児島テレビ)で西郷さんの役をやった時は、明治維新の頃の薩摩ではどういう言葉が使われていたのかを知りたくて、大久保利通との実際の手紙のやりとりを調べました。すると全て鹿児島弁で書いてある。これは正しいと思い、そう喋りました。

 事前に調べることは絶対にやらなきゃダメだと思います。時代劇の場合、知らない言葉が一杯あるわけですから、知らないまま現場に行くと、言い間違えをして、みんなの前で恥をかくことになるでしょう。ちゃんとやってこないと、スタッフも向こうからは教えてくれません。そういう世界です。最悪の場合は、監督に堂々と聞けばいい。『不勉強なんで、この読み方を教えてください』と」

※週刊ポスト2015年9月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高須クリニック院長 被災地入りしプチ整形のボランティア
西郷輝彦 弟子入り願った森繁久彌は「しなやかな柳だった」
西郷輝彦 司会は役者より効率がよいと語る関口宏と喧嘩した

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP