ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏の終わりにはじめよう。疲れにくい自分の作りかた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


例年、遊びに恋に一生懸命だった夏が終わりに近づくと、ちょっと心がお疲れ気味なことに気が付きます。
どんよりした気分のまま秋を迎えないために、いまのうちに、疲れない自分をつくっておきましょう。

こころの声を聴いてみる

気分が開放的になる夏に比べ、秋は心が落ち着きはじめる時期。それなのに、夏のテンションのまま秋も頑張って行動しなきゃと思うと、心が追いつかず、疲れてしまいます。
そんなときは、立ち止まって、周りから入ってくる情報をいったん忘れて、心の声を聴いてみて
たとえば、誘われているイベントは、気が向かないなら無理して行かないのも手です。自分の心の声が分からないときは、気持ちがワクワクするかどうかで判断してみてください。
ワクワクするなら、心のビタミンになることも多いので、積極的に行動しても良いと思います。

からだの声も聴いてみる

昔は2日くらいオールしても大丈夫だったのに、最近ちょっとキツいかも、と思ったら、それは体の悲鳴です。5年前と今の自分は違っていることを受け止めて、辛いと感じたら、倒れてまわりに迷惑をかける前に休むことも、これから先の人生には欠かせません。
ただでさえ夏に酷使した体は疲れやすくなっているので、いつもより体と相談する時間を増やしましょう

テンパったら、深く大きな深呼吸を

トラブルがあったり、やることが多すぎてパニックになったりしたら、ひとまず深呼吸をしてみると、気分がラクになります。深呼吸は、副交感神経を活発にしてリラックス状態へ導いてくれる、シンプルかつ効果的なヒーリングメソッドなんですよ。
夏に比べて秋は気分が沈みやすくなると言われています。落ち込んだからと言って自分を責めず、深呼吸をしてリフレッシュしてみてください。できるだけゆっくり、深く呼吸することがポイントです。
私たちは長い人生経験のなかで、自分にとって良いこと、悪いことを学習してきました。オトナは、その経験を生かして自分の生き方を判断する能力を備えています
自分の心と体を信じて、その声を聴いてあげることが、お金も手間もかけずに、疲れにくい自分をつくる方法です。
image via Shutterstock
(Ricky)


(グリッティ)記事関連リンク
真似したい! インスタグラムの最新トレンド
秋旅をもっとロマンチックにする、旅前読書のすすめ
おいしくて太らない、女子の味方「ナッツのハチミツ漬け」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP