ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋旅をもっとロマンチックにする、旅前読書のすすめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏に比べて、旅費もちょっと落ち着く秋。
シルバーウィークもあるし、「そろそろ旅行にいきたいな」と思う人も多いのではないでしょうか?
そこで、秋旅をとことんロマンチックなものにしてくれる、「旅前読書」をおすすめします。

旅行前には旅先が舞台の小説を読もう

旅行前は、旅先が舞台になっている小説を読むのが私の習慣。
ガイドブックとは違った景色を巡ることができたり、物語に出てくる美味しい食べ物に出会ったりできるんです。
沖縄旅行前に読んでいた『カフーを待ちわびて』(宝島社文庫)。「カフェくるくま」でアイスコーヒーを飲みながら眺めた海は、小説を読みながら想像していた海とイメージがぴったり重なって、ずっと忘れることができない私だけの思い出の景色です。

ロケ地巡りとは違う、ロマンチックさが魅力

映画のロケ地巡りと違って、小説の舞台には正解の景色が無いのも魅力。
ロケ地には「ここで撮影された」という確かな場所が存在しますが、小説は舞台となった場所はあるものの、「主人公がこの背景のこの場所に立っていた」という正解がありません。
小説を読むなかで、私たちが自由に想像している景色が正解。10人読めば、10通りの景色が存在します。
「もしかしたらこの景色をみていたのかも」と想像しながら巡ってみて。自分だけの景色を見つけるために街を歩くのも、旅先だからできるロマンチックな経験です。

旅先別おすすめの小説

■イタリア・フィレンツェ
『冷静と情熱のあいだ』(角川文庫)
あおいと順正が待ち合わせをしたドゥオモで、一緒に旅行に行った彼と待ち合わせをしても素敵。
■タイ・バンコク
『サヨナライツカ』(幻冬舎文庫)
豊と沓子が滞在していたマンダリンオリエンタルホテルは、1泊5万円程で泊まれるお部屋も。奮発してみるのもあり!?
いつか宿泊したい憧れの場所です。
■アメリカ・ニューヨーク
『ニューヨークの魔法使い』(東京創元社)
もしかしたら、小説に登場する「不思議なもの」が、ニューヨークで見えてくるかもしれません。
■日本・仙台
『ゴールデンスランバー』(新潮文庫)
伊坂幸太郎の小説は、仙台を舞台にした小説がほとんど。狭いエリアに小説の舞台が点在しているので、小説を片手にゆっくり街歩きをしてみても楽しいですよ。
■日本・京都
『夜は短し歩けよ乙女』(角川文庫)
小説の舞台は京都ですが、小説に登場する「電気ブラン」は浅草の神谷バーでも出会うことができるみたい。東京でも小説の味わいを楽しんでみて。
秋旅の前に旅先が舞台になった小説を読んでみると、きっといつもの旅と違った景色に出会えるはず。
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
おいしくて太らない、女子の味方「ナッツのハチミツ漬け」
「いい感じカジュアル」なロゴトップスの色遊び
年上男性を落とすための、「生意気な妹キャラ」の使いかた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP