ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

薬師丸ひろ子、ビルボードライブ東京でのプレミアムライブが映像化決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2014年12月16日、17日、東京・六本木のビルボードライブ東京で開催された『薬師丸ひろ子 Premium Acoustic Night 時の扉~Look For A Star~』は、2日間計4公演のみ行われ、そのチケットは発売と同時に即完売となり、このライブを体感できたファンはわずか1,200人というまさにプレミアムなライブとなった。

多くのファンから映像化が望まれていたこのプレミアムライブのBlu-ray、DVDが、10月7日に発売されることが決定した。ストーリー仕立てで、新たなスタイルの構成を体感した客席からは拍手が鳴りやまず、今回の映像は、これまでに無い貴重なライブ作品となる。

『薬師丸ひろ子 Premium Acoustic Night 時の扉~Look For A Star~』は、女優デビュー35周年を記念した2013年発売の初のカバーアルバム『時の扉』の収録曲を中心に、ピアノ、ギター、ベース、バイオリンのアコースティック4人編成バンドで歌うスペシャルステージ。オープニングは、12歳当時のピアノ発表会を再現しながら、本人のピアノ演奏でスタート。「仰げば尊し」「故郷」「黄昏のビギン」「冬の星座」、ヒット曲「メイン・テーマ」「Woman“Wの悲劇”より」「探偵物語」「セーラー服と機関銃~ノスタルジア・バージョン~」、アンコールでは「夢で逢えたら」など全14曲を熱唱。

途中、ステージ後方のカーテンが開いて、東京の夜景とイルミネーションが一望できるシーンもあり、大きな「コンサート・ホールでは体感できない観客と至近距離のライブハウスならではの演出で「歌手・薬師丸ひろ子」の魅力を存分に発揮してみせた。

ジャケットは、数々の雑誌、書籍、広告、webの他、服飾ブランドとのコラボレーションも手がける、イラストレーターの大橋美由紀によるものでライブの雰囲気を見事に表現。10月には「薬師丸ひろ子 コンサート2015」と題したコンサートを、大阪・オリックス劇場、東京・Bunkamuraオーチャードホールで開催する。

リリース情報
「Premium Acoustic Night 時の扉〜Look For A Star〜」
2015年10月7日発売

DVD:UPBY-5130 3,704円+税

Blu-ray:UPXY-6130 4,630円+税 

01. OPENING
02. 仰げば尊し  作詞・作曲:不詳*文部省唱歌
03. 故郷  作詞:高野辰之 作曲:岡野貞一
04. あなたを・もっと・知りたくて  作詞:松本 隆 作曲:筒美京平
05. 心の扉〜我が母の教えたまいし歌〜(Kdyz Mne Stará Matka)
  作詞:薬師丸ひろ子 作曲:Antonín Leopold Dvořák
06. メイン・テーマ  作詞:松本 隆 作曲:南 佳孝
07. 探偵物語  作詞:松本 隆 作曲:大瀧詠一
08. 黄昏のビギン  作詞:永六輔 作曲:中村八大
09. Woman“Wの悲劇”より  作詞:松本 隆 作曲:呉田軽穂
10.「野蛮人のように」より ステキな恋の忘れ方  作詞・作曲:井上陽水
11. 星を求めて(Look For A Star)  作詞・作曲:Anthony Peter Hatch 訳詞:香取治
12. 冬の星座(Mollie Darling)  作詞:堀内敬三 作曲:William Shakespeare Hays
13. クリスマスには帰るから(I’ll Be Home For Christmas)
  作詞・作曲:Walter Kent, Kim Gannon, Buck Ram 訳詞:尾上 文
14. セーラー服と機関銃〜ノスタルジア・バージョン〜  
  作詞:来生えつこ 作曲:来生たかお
15. 夢で逢えたら  作詞・作曲:大瀧詠一

2014年12月16日(火)17日(水)@ビルボードライブ東京
Vocal:Hiroko Yakushimaru
Keyboards&Music Director:Ryo Yoshimata
Guitar:Yoshiaki Kanoh
Wood Bass:Yoshinobu Takeshita
Violin:Gen Ittetsu
All Songs Arranged by Ryo Yoshimata

関連リンク

薬師丸ひろ子 アーティストページhttp://www.emimusic.jp/artist/yakushimaru/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP