ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大迫力!色盲の写真家がとらえた一瞬の波が美しい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

巨大な山脈のように盛り上がり、迫ってくる波…!

迫力に満ちた写真を撮影したのはオーストラリアの写真家、Ray Collins氏。

Collins氏は海をテーマに写真を撮り続けている。

時には生き物のように…。

時には大きな建造物のように…。

時には芸術作品のように…。

刻一刻と変わる波の姿を一枚の写真に切り取る。

Collins氏が写真を撮り始めたのは、8年前。

それまで炭鉱労働者として働いていたが、膝に負傷を負って仕事を続けることができなくなった。

そんなとき「自分の中のもっとも古い記憶は海の景色。考えてみれば、最初に戻っただけだ。」そんな思いに駆られ、波の写真を撮り始めたそう。

現在では写真集も出版しているCollins氏だが、実は色覚の異常を患い、色の区別ができない

写真家としてのハンデを背負いながら、作品を生み出し続けるCollins氏。

作品の迫力は、彼自身の人生の力かもしれない。

Ray Collins
http://raycollinsphoto.com/

https://www.facebook.com/raycollinsphotographer

写真(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP