ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

蛭子さん「仕事で輝くという人生は変」が共感呼ぶ 「妙に納得して笑った」「珍しく良いこと言ってるw」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

漫画家でタレントの蛭子能収さん(67)が、週刊誌『女性自身』で人生相談に答えている。中でも4月29日にYahoo雑誌に掲載された内容が、「妙に納得して笑ってしまった」などと話題になっている。

蛭子さんに質問を寄せたのは、新入社員の22歳だ。4月に入社したが仕事がイヤになってしまい、辞めようと思っているという。「蛭子さんのように、自由気ままに生きていきたい」と、入社1か月で退職待ったなしという様子だ。
「じゃあ、仕事を辞めて競艇場に行けば」

2015年卒の新入社員に向けた調査(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)では、「出世しなくても好きな仕事を楽しくしたい」(52.4%)が、「出世したい」(47.6%)を上回っている。特にこの傾向は女性に強く、4人に3人の割合で「好きな仕事を~」と回答している。

蛭子さんに質問した新入社員の性別は分からないが、掲載誌が『女性自身』であることから女性かもしれない。しかし、そんなことはお構いなしに、質問者に対して「じゃあ、仕事を辞めて競艇場に行けばいいんじゃないですか?」と答えている。

蛭子さんはテレビ番組で「総額は1億円いっている(負けている)と思う」と答えるほど無類の競艇好き。なぜそこまで「熱く」なるのかというと、「ふだん仕事で競艇場に行けないことが多いから」なのだという。

仕事については「楽しいと思ったことがありません」「いいことなんかひとつもありませんよ」とネガティブ。それでも働いているのは「自由に生きるため」の一点だ。だからこそ、こんなふうに独自の哲学を披露している。

「仕事でやりがいや生きがいを見つけようとするのが間違い。働くことに意欲を求めるのがおかしいんです。仕事で輝くという人生は変。人は、競艇場で輝くために働くんです」

仕事は「お金を稼ぐためのもの」でしかない

「競艇場で輝くため」というのは、蛭子さんらしい回答だ。ツイッターやネット掲示板などでも「全人類が競艇好きって前提かいw」「大体いつもオチはこれ」といったツッコミの声もあったが、意外にもこの考え方には賞賛の声が多い。

「競艇場を好きなものに置き換えればいい」
「正論なんだが、最後にしれっとギャンブルを絡めていてワロタwww」
「蛭子さん、珍しく良いこと言ってるなw」

趣味や好きなことを仕事にすべきかどうかは、いつも議論が分かれるところだ。そういう意味で蛭子さんにとっての仕事は「お金を稼ぐためのもの」でしかなく、ある意味達観しているともいえる。その点に共感している声は多い。

「金を使う為に金を稼ぐんだって事か 面白いね」
「仕事なんて金もらうためだもんな。生きがいだのくだらないわ」
「ステップアップとか言ってもせいぜい600万円が1100万円になるくらいなら、オンとオフを分けてそんなに仕事に入れ込まないほうがいい」

「やりがい」標榜するブラック企業に言及する人も

中でも言及が多いのは「ブラック企業」についてだ。蛭子さんが言及している「やりがい」「生きがい」と仕事を同一視する考え方は、ブラック企業の触れ込みに多く使われる手法だ。しかし蛭子さん流の仕事観では、仕事で輝くのは「変」。「夢の為に働けだなんて、そんな言葉ありえない」といった声は多い。

もちろん中には「俺は仕事楽しいけどな」「趣味で金貰ってるようなもん」といった声もある。ニュースサイト「しらべぇ」が全国1500人に行った調査では、「好きなことを仕事にすることができた」と回答している人は33.0%だった。

あわせてよみたい:あさイチで所サンが「今日を楽しく生きるコツ」を披露!
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP