ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの国では麻薬が合法?その裏にある現実的な政策とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: KANA「【オランダ】運河や風車だけじゃない!春のアムステルダム女子旅旅行記

TRiPORTライターのヤマガミです。

世界には麻薬が合法になっている国もあります。一部を挙げると、ベルギー、ポルトガル、スペイン、チェコ、オランダなど。比較的、欧米が多いようですね。

麻薬合法化といえば、オランダのアムステルダムが有名なのではと思います。オランダは、麻薬が許可されている国が多いヨーロッパの中でも、一番最初に合法化したことで知られています。一時期、麻薬を禁止されている各国からオランダに麻薬の使用目的で旅行者が集まったことも有名でしょう。

そんな流れの中、麻薬による犯罪を恐れた批判も多くありました。あまりに旅行者の麻薬使用が問題になったため、旅行者への販売と使用を禁止する時期もあったほど。今は周辺各国でも麻薬を解禁する流れになり、オランダもそれらの禁止政策を緩めています。その結果、もちろん様々な規制はありますが、旅行者でも麻薬の摂取が可能となってきているのです。

麻薬の依存性は?

さて、そんな国がある一方で、日本では国内で所持していれば確実に罪に問われます。どちらかというと、麻薬の取り締まりを強化する傾向なのが現状です。ではなぜ日本で禁止されているものが海外で許可されるのかを説明していきたいと思います。

多くの国々がドラッグを許可している理由は簡単。許可されているものは依存性がタバコなどと比べて、問題にするほど高くないからです。また、健康被害も起こりにくいという、医学的な結果も出ているのだとか。それならば、お酒やタバコと同じく「嗜好品」としての位置づけをしてもいいのではないだろうか、というわけです。

そしてこれは麻薬を全面的に禁止するのは不可能なのではという非常に現実的な考えゆえの政策なのです。使用が許可されているのは少量のソフトドラッグ。そうすることで、ハードドラッグや組織的な麻薬犯罪を浮き彫りにして取り締まっています。

一説によれば依存度の高さはタバコがとても高く、次に、お酒。そして最後にコーヒーという位置づけになるとのこと。ではドラッグはどの程度の依存度なのかというと、コーヒー並みとも言われています。コーヒー好きの人は少しドキッとしたのでは?

ライター:マリアヤマガミ
Photo by: KANA「【オランダ】運河や風車だけじゃない!春のアムステルダム女子旅旅行記

関連旅行記はこちら

*Eika Akasaki「夜行バスで9日間4カ国7都市回ってみた
*KANA「【オランダ】運河や風車だけじゃない!春のアムステルダム女子旅旅行記

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。