ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大人の自由研究はこれにおまかせ!スマホで化学実験ができるアプリ「BEAKER」が面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月の終わりになると、思い出すのが夏休みの宿題。

あの頃は苦労したが、大人になってみると、それが妙に懐かしかったりする。

特に実験ものは、心躍るうれしい挑戦。当時は苦手だったけれど、今ならうまくできそうな気がしないでもない。

そんな大人たちの願望をかなえてくれるのが、この「BEAKER」だ。

iPhoneをビーカーにして、化学実験ができる、世にもユニークなアプリである。

・150以上の化学物質を組み合わせて自由に実験

「BEAKER」は、その名の通り、150以上の化学物質を擁する仮想ビーカー。

まずは、アプリを立ち上げてみよう。画面いっぱいに物質の記号一覧が出てくるので、その中から実験に使いたいものを選択する。

薬品を加えるなら長押し、点火は指でスワイプすればいい。加熱はマッチを擦るように、右下からスワイプしてヒーターをオン。右上にスワイプすれば、ビーカーに蓋をしてくれる。

反応促進したいときは、そのままiPhoneを振る。試験管を振るのと、ちょうど同じ要領だ。

・形状変化や爆発もリアルに再現

驚くのはまだ早い。もう1台のiPhoneと連携して、液体を移し替えることだってできる。こうなるともう、普通に実験しているのと、何ら変わりはない。

液体がどう変化するかは、アプリの画面上に鮮明に映し出される。組み合わせによって、爆発するものもあり。それも、アプリ内の話なので、危険なことは何もない。

安全で楽しい、実験アプリ「BEAKER」は、日本語版にも対応。120円でダウンロードできる。

ただし、夢中になりすぎないよう、注意が必要。

BEAKER/App Store

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP