ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

好きな動物のトップが「働き蜂」だと? アメリカ人が「仕事中毒」に陥っている!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「仕事は最悪だし、早く辞めたい。注文するのか? 最高だな、昼休み5分前に注文を入れるなんて」

日米営業マンの仕事ぶりをコミカルに演じた米国人スティーブさんの動画にもあるように、アメリカ人は仕事嫌いで、やり方も雑というイメージがあります。しかし実際には、意外と仕事好きの側面もあるようです。

ヴァニティ・フェア誌の調査によると、現状でも「家で仕事のメールチェックは当たり前」であり、さらには「休暇を取るより働いてお金がほしい」と答えた人が多かったそうです。(文:遠藤由香里)
調査元は「忙しくあろうとする国民性」を指摘

調査によれば、家でメールチェックが日課になっている人は約半数。メールチェックの必要がまったくないという人は38%のみでした。

若い世代は特に抵抗が少なく、30歳未満の人の70%が家でも進んで仕事をしているようです。30歳以上では、この比率は52%に下がります。

自由時間ができた場合、「こなすべき仕事がないか」と考えてしまうという人が30%。同誌編集長のクレン・マーフィー氏は「米国人は間違いなくワーカホリックです」と述べています。

「ただやることを探すというのではないのです。仕事に関係することを探すのです。忙しくあろう、生産的であろう、スキルアップしようという国民性を持っているように思えます」

「ナマケモノ」を選んだのは4%

自由時間を運動に当てると答えた人は30%、読書に当てる人は20%だけでした。ほとんど仕事中毒といっていいでしょう。

面白いのが、どんな動物が好きかという質問の答えで、半分以上の人が「働き蜂」を選んだこと。「ナマケモノ」を選んだのは4%でした。

海外から「働き蜂のようだ」と言われたのは、高度経済成長期の日本人。今の日本でこれと同じ調査をしたら、どういう結果となるのか気になるところです。

(参照)‘Americans are definitely workaholics’ (Business Insider)

あわせてよみたい:「3年耐えろ」はブラック企業経営者の言い分
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP