ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「食とがんの関連は明らか。リスク下げる食生活を」と専門医

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 がん細胞といっても、特別に凶悪な細胞が体内に発生するのではない、と言うのは、予防医療に詳しい、たまプラーザ南口胃腸内科クリニック院長・平島徹朗さん。

「毎日3000~5000個もの健康な細胞のDNAが、なんらかの要因で傷ついています。免疫機能などの働きで、通常は傷ついた細胞が排除されますが、そのまま体内に残ってしまったものががん細胞になっていくのです。

 ハーバード大学の研究によると、がんの主な原因のうち30%は食事というデータがあり、特に女性のがんの死因の1位、罹患率2位の大腸がんは、乳製品や肉類などの過剰摂取、肥満などでリスクが増大するといわれています。食生活とがんの関連は明らか。日頃から、がんリスクを下げる食生活を心がけましょう」(平島さん)

※女性セブン2015年9月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「塩辛い食べ物が好きで毎日2合以上飲酒」でがんリスク増加
胃がん患者が日本海側に多い理由 「伝統的な食生活」と関係か
肺がん治療薬イレッサ 2週間でがん細胞がほぼ消滅した例も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。