ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】中国の政治的動乱の陰で若い世代が選んだ「防護策」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『独りでいるより優しくて』イーユン・リー・著/篠森ゆりこ・訳/河出書房新社/2600円+税

【評者】鴻巣友季子(翻訳家)

 天安門事件にまつわる小説というと、中国に生まれアメリカに移住した英語作家ハ・ジンの『狂気』、中国出身の日本語作家楊逸の『時が滲む朝』などがある。『独りでいるより優しくて』のイーユン・リーもまた、中国から米国に渡り英語で創作する作家である。文革から天安門事件に取材した作品は、決まって複数の言語を経て、「重訳」のような形で国外の読者にもたらされる。

 本作は、少艾(シャオアイ)という女性の葬儀で幕を開ける。二十二歳で天安門広場の抗議デモに参加し、大学を放校になった彼女は、その後、毒入りの飲料を飲んで昏睡に陥り、以後二十一年間、口もきけず、身体不随のまま、とうとう急性肺炎で亡くなったのだ。

 当時、少艾の家に同居していた如玉(ルーユイ)がくだんの化学薬品を盗み出したとわかり、嫌疑がかかったが、結果として事件は迷宮入り。この毒物事件の「毒」はそれを飲んだ本人だけでなく、同じ四合院に暮らした友だち三人の人生をじわじわと蝕んでいく――。

 感情を見せないカトリックの如玉と、化学の博士号をもつ黙然(モーラン)は現在、アメリカで生活しているが、結婚と離婚を経験し、心に空虚を抱えている。中国に残った泊陽(ボーヤン)は土地開発の仕事等で成功しているが、少艾の存在を元妻や友人から隠しつつ面倒をみてきた。

 現代と一九八九年頃を行き来して語られる物語は、じれったいほどゆっくりと謎の核心へ迫っていく。殺意はあったのか? あったなら、誰が誰を殺そうとしたのか? 政治的動乱の陰で起きた個人的な悲劇。如玉はこう思う。「少艾は純真ですらあった。でも、それを他人を汚すために使える(中略)最悪の闘いは純真な者たちの間で起こる」若い世代の彼女たちが選んだ孤独という防護策。

「感情が鈍りほとんど苦しまずに済む」―作中の一文は、免疫学者を志して渡米したリー自身の、「活発に生きないことだけが人生への免疫になる」という言葉を“翻訳”したものだろうか? 言語の壁を越えて、人間の生の声が痛いぐらい響いてくる。

※週刊ポスト2015年9月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
天安門事件の公式犠牲者数319人 実際は数万人ともいわれる
中国本土で天安門事件追悼式実施 習主席が事件再評価可能性
中国の民主派「ウイグル、チベットは離さない」と船戸与一氏

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。