ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

堅物男が「はっちゃける」と宣言し入れたタトゥーは「真面目」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 まじめ一本で仕事に打ち込んできた人が、定年と同時に羽根を伸ばすということはよくあること。千葉県に住むパート勤務の女性Kさん(60才)の夫(60才)も、定年を迎えて変わろうとしたというのだが…。

 * * *
 この春、公務員として定年まで勤め上げた夫。お酒は飲まない。たばこなんてもちろん吸わない。車は制限速度を守り、女性経験もおそらく私だけ。

 そんな夫がこの間、「先も見えてるし、そろそろはっちゃけてみようかな」とボソッと言ったのよ。「タトゥーを入れようと思う」って思いつめた顔で!

 まじまじと顔見ちゃったわ。「温泉にだって入れないんだからね。頼むからやめて」と引き止めたけど、いったん決めたらテコでも動かない。

「オレという人間を、体に刻み付けたい」の一点張りなの。とはいっても小心者の夫のこと。米粒みたいのを入れるんだろうと見逃したら…。

「これ」と、シャツをめくってほっそい左腕の内側を見せられた時の衝撃といったらないわよ。明朝体で「真面目」の3文字だもの!

 それで「温泉に入れるように、シップを貼って隠れる大きさにしたから大丈夫だ」って。だから、目的は何?

※女性セブン2015年9月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
湘南のタトゥー美女 五輪注目は「野球の清原選手でっす♪」
「夫の定年後に離婚したい」女性の凄まじい本音が痛快な一冊
湘南の水着ギャル 「中2の時になんとなくタトゥー入れた」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP