ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ASA-CHANG&巡礼が音楽担当した映画『合葬』サントラ、10/7リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

伝説の漫画雑誌『ガロ』に連載され、日本漫画家協会賞優秀賞を受賞した、天才漫画家・杉浦日向子の傑作『合葬』が、柳楽優弥・瀬戸康史の主演で待望の映画化、9月26日より全国公開される。この度、ASA-CHANG&巡礼が音楽を担当した、サントラ盤が10月7日にリリースされることが決定した。

ASA-CHANG&巡礼名義の作品としては約6年ぶり、バイオリン奏者・須原杏、サックス奏者・後関好宏の2人が加わり新体制となってからは初の音源作品となります。ゲストアーティストにはCurly Giraffe、木津茂理、エアガレージ・ラボ等が参加、ナレーションを担当したカヒミ カリィの声を収録している。

そのトライバルかつアブストラクトな独自の波動に満ちた音楽が国内外で評価されると共に、世界各国のメディアにも取り上げられコアな音楽ファンに大人気のASA-CHANG&巡礼。映画『合葬』の音楽は、実験音楽の要素に満ち溢れながらも、明治時代を舞台にした映画の世界感に不思議と溶け込んでいく。映画のサントラとしてだけではなくASA-CHANG&巡礼のアーティスト性とこれまでのキャリアが凝縮された作品に仕上がっている。

『合葬』監督を務めた、小林達夫は、「青春の輝きと訪れる暴力の予感。その両端にある心像を奏でられるのは、ASA-CHANG&巡礼しか考えられなかった。新しい時代劇の、まったく新しい映画音楽をどうぞ」とコメントしている。

映画情報
映画『合葬』
2015年9月26日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
原作:杉浦日向子『合葬』
監督:小林達夫
脚本:渡辺あや(「天然コケッコー」「カーネーション」)
ナレーション:カヒミ カリィ
音楽:ASA-CHANG&巡礼
配給:松竹メディア事業部
©2015 杉浦日向子・MS.HS/「合葬」製作委員会 GASSOH.JP
主演:柳楽優弥、瀬戸康史
出演:岡山天音、門脇麦、桜井美南、井之脇海、高山侑子、藤原令子、隆大介、飴屋法水、峯村リエ、小市慢太郎、りりィ/オダギリジョー

リリース情報
映画『合葬』サウンドトラック
2015年10月7日発売
PCD-25187 2,500円+税

関連リンク

ASA-CHANG&巡礼 オフィシャルサイトhttp://junray.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP