ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ひと先試食】“北海道チーズ”でリッチな味わいに! マクドナルドの『月見バーガー』に新メニューが仲間入り

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


マクドナルドの秋の風物詩と言えば、満月に見立てた“ぷるぷる”たまごがトッピングされた『月見バーガー』。これを食べると、夏の終わりを感じますよね。9月1日(火)から期間限定販売となる今年の『月見バーガー』シリーズには、北海道チェダーチーズを使った新メニューが仲間入り。都内で開催された発表会にて先行試食してきたのでレポートします!


1991年に初登場以来、秋の定番メニューとなった『月見バーガー』。


ほど良い柔らかさを保った目玉焼きとジューシーなビーフパティ、さらにスモーキーなベーコンがゴマ付きバンズにサンドされ、トマト風味の特製オーロラソースが非常にマッチしますよね。

そして今回新たに登場した『北海道チーズ月見』は、その名の通り『月見バーガー』に“北海道チェダ―チーズ”をトッピングした一品。北海道チェダーチーズは、豊かな自然で育まれた北海道の生乳を使ったナチュラルチーズを60パーセント以上使用しています。


北海道チェダーチーズのサプライヤーを務めるエムケーチーズの担当者によれば、「日本人の好みに合うように、まろやかな味わいに仕上げている」とのこと。配合はナチュラルチーズの風味や熟成度に応じてその時々で微調整を行い、『月見バーガー』に最もマッチするチェダーチーズをオリジナルで開発しています。


実際に試食してみました。ビーフと月見の熱でトロっとなったチーズが全体の香りを引き立たせています。ほおばると、通常の『月見バーガー』よりも濃厚で芳醇な風味が口いっぱいに広がるリッチなテイストを味わうことができました。確かにチーズそのものの味がしっかりしていますが、主役というよりはビーフや月見の味をきわ立たせてくれる印象です。


また同日からは、サイドメニューとして『もちもちチーズボール』も登場。粗くつぶした国産のもち米でチーズソースを包み、あられの衣をまぶしてフライにした新メニューです。こちらは月見にお供えする“だんご”をイメージして開発されたとのこと。


試食してみると、サクサクのあられが香ばしく、後からクリーミーなチーズの風味が広がってきました。米のモチモチとした食感が絶妙で、ハンバーガーのお供にスナック感覚で楽しめるメニューです。


さらに、クリスピーチキンをサンドした『チキン月見 北海道チーズ』も同日から発売されます。チキンと月見のコンビネーションもバツグンですよ!

<新メニューの価格一覧(すべて税込み)>
『月見バーガー』:単品価格340円/バリューセット価格640円
『北海道チーズ月見』:単品価格370円/バリューセット価格670円
『チキン月見 北海道チーズ』:単品価格380円/バリューセット価格680円
『もちもちチーズボール』:単品価格150円

これらのメニューの販売期間はいずれも10月上旬までを予定。北海道チーズでパワーアップした新『月見バーガー』で、みなさんも秋の訪れを感じてみては?

マクドナルド『月見バーガー』シリーズ紹介ページ:
http://www.mcdonalds.co.jp/campaign/tsukimi/

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。