ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ディズニー・リゾート開業60周年記念アルバム「ウィ・ラヴ・ディズニー」発売決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカ、カリフォルニアにあるディズニーランド開業60周年を記念し、ディズニー・ソングブック「ウィ・ラヴ・ディズニー」の発売が決定した。

アルバムのプロデュースとアレンジを手掛けるのは、これまでに手掛けたアルバムのトータル・セールスが5億枚を超え、グラミー賞も16度受賞という世界最高のプロデューサー=デイヴィッド・フォスター。

アルバムに収録されるのは「レット・イット・ゴー」や「フレンド・ライク・ミー」、「イッツ・ア・スモール・ワールド(小さな世界)」など最新ヒットから永遠の名曲まで。ディズニーが誇る有名曲を、NE-YO、アリアナ・グランデ、フォール・アウト・ボーイなど、今の世界の音楽シーンをけん引する豪華アーティストが歌っている。

さらに日本盤にはサラ・オレインが参加。デイヴィッド・フォスターも「素晴らしいヴォーカルとヴァイオリン」と賞賛するパフォーマンスで、映画“ポカホンタス”から「カラーズ・オブ・ザ・ウィンド」を披露している。

アルバムは10月30日に全世界同時発売となるが、iTunesではすでに予約がスタートし、NE-YOによる映画「アラジン」からの名曲「フレンド・ライク・ミー」が先行配信中。また、アルバムのティーザー映像も本日より公開されている。

デイヴィッド・フォスター コメント
ウォルト・ディズニー・レコードとパートナーシップを組むチャンスができた瞬間、すぐに飛びついたよ。ディズニーはみんなを子供に戻すんだ。たとえ3歳であろうと、103歳であろうと、“ディズニー”と聞けば、心がキラキラ輝くよね。お気に入りのディズニーの曲がない人なんて地球上のどこを探しても存在しないさ。私たちは、アルバムに参加したすべてのアーティストと共にその情熱にのめり込んでいったよ。レコーディングされたのが30年前か、30年後にされたものかわからないように、時を超越した仕上がりにしたんだ。ディズニーの曲はどれも素晴らしい名曲だよ。約80年に及ぶ歴史を誇っているしね。本当に尽きることのない宝物だし、これまで私がやってきた本当にたくさんの仕事の中でも、最もやりがいのあるプロジェクトの一つだよ。

ディズニー・ソングブック「ウィ・ラヴ・ディズニー」特設サイト
http://welovedisneymusic.jp/

ウィ・ラヴ・ディズニー ティーザー映像

リリース情報

V.A.「ウィ・ラヴ・ディズニー」
2015年10月30日世界同時発売
(CD)UCCV-1151 2,700円(税込)
プロデュース&アレンジ:デイヴィッド・フォスター
<収録曲>
1.「フレンド・ライク・ミー」(映画「アラジン」より)/NE-YO
2.「パート・オブ・ユア・ワールド」(「リトル・マーメイド」より)/ ジェシー・J
3.「愛を感じて」(「ライオン・キング」より)/ジェイソン・デルーロ
4.「レインボー・コネクション」(「ザ・マペッツ」より)/グウェン・ステファニー
5.「ゼロ・トゥ・ヒーロー」(「ヘラクレス」より)/アリアナ・グランデ
6.「私だけの世界」(「不思議の国のアリス」より)/ジェネイ・アイコ
7.「君のようになりたい」(「ジャングル・ブック」より)/フォール・アウト・ボーイ
8.「カラー・オブ・ザ・ウィンド」(「ポカホンタス」より)/トリー・ケリー
9.「ひとさじのお砂糖」(「メリー・ポピンズ」より)/ケイシー・マスグレイヴス
10.「みんなネコになりたいのさ」(「おしゃれキャット」より)/ チャールス・ペリー
11.「夢はひそかに」(「シンデレラ」より)/ジェシー・ウェア
12.「レット・イット・ゴー」(「アナと雪の女王」より)/ラスカル・フラッツ&ルーシー・フェイル
13.「イッツ・ア・スモール・ワールド」/Various Artists上記参加のアーティスト全員
14.「ビーイン・グリーン」(「マペッツ」より)/ブレナ・ウィテカー
15.「ホール・ニュー・ワールド」(「アラジン」より)/Yuna
16.「カラー・オブ・ザ・ウィンド」(「ポカホンタス」より)/サラ・オレイン*日本盤ボーナストラック
<iTunesで予約スタート>
https://itunes.apple.com/jp/album/we-love-disney/id1029712195

関連リンク

■「ウィ・ラヴ・ディズニー」特設サイトhttp://welovedisneymusic.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP