ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「声の整形」韓国の歌手・アナウンサー志望者、就活生に人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 整形大国・韓国では、声の整形が流行中だ。ただし、その目的は、美ではなく、うまく声の出ない状態を脱するための「治療」だ。ソウル市内の耳鼻咽喉科『イェソン音声センター』のキム・ヒョンテ院長は言う。

「声の整形には、もともとの声質などに応じてさまざまな治療方法があります。例えば、声帯が麻痺して、声がかすれる場合には、生体保形物質を注射で注入して声帯のボリュームを回復させます。また声帯の筋肉が痙攣して声が震える症状の場合は、その部分にボトックス注射をして症状を抑えます。どちらの場合も、皮膚にメスを入れる必要はないので、傷跡は残りません」

 韓国では、治療方法のひとつ、ボトックス注射を行う人が増えているという。

「費用は30万~40万ウォン(約3万~4万円)が相場です。時間は10分から20分と短い。注射の効果は長くは続かないので、1、2か月ごとに打ち直さないといけません」(医師で医療ジャーナリストの森田豊さん)

 変えた声を保ち続けるには、費用も手間もかかるが、この整形を望む人は後を絶たない。

「性転換を希望する男性が受けるケースが多い。低い声を高くすることで、より女性らしくなれるんです」(韓国在住の整形コーディネーター・チョウ・ウネさん)

 さらに、近年では、そうした事情とは別の理由で整形する人が増加中だ。

「歌手やアナウンサー志望者が声をきれいにするために施術します。また最近は就職活動中の若者も受けています」(森田さん)

 就職難が深刻化している韓国では、就職のための顔の整形は当たり前。面接官に好印象を与えるための、口角を上げるプチ整形、通称「微笑み整形」が一般化しつつある。内定を勝ち取るため、顔に続いて、声も整形するというわけだ。

 とはいえ、実際に整形を受けるにあたっては、声の治療や経験の少ないドクターの施術を受けない、などの注意が必要だ。

「最悪の場合、声が出なくなることもあります。病院選び、手術の危険性などをしっかり勉強する。気軽な気持ちで受けてはいけません」(森田さん)

 声の悩みを解決するための整形が新たな声の悩みを生む――などということのないように、慎重になるべきだろう。

※女性セブン2015年9月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
韓国人写真家「短期間で劇的に顔変える韓国整形技術に誇り」
韓国最新整形事情 脂肪分解注射を使った美脚整形が人気
韓国で整形する中国人増加 出国審査で本人確認できぬ例続出

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP