ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2万円超の超高級トースターが大人気 他社製品と何が違うか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 通例、我々週刊誌は、1メーカーの1商品だけを特別に取り上げ、称揚することはない。ジャーナリズムとしては特定の企業を利することは避けねばならないし、逆に、いわゆるステマ(ステルス・マーケティング)として、広告料をもらって作成している記事と見られたくないからだ。

 しかし今回、その慣例を破って、あえて紹介したい商品がある。本誌編集者がプライベートで購入し、その性能に驚き、別の編集部員に教えた。そんな話を雑談でしているうち、どうやらこれは画期的商品ではないかという結論に至った。これはステマではありません。パン好きの読者に実感をもってお勧めする話です。

 近年、海外の人気ベーカリーが続々と日本上陸を果たし、学校給食で毎日のようにパンを食べていたシニア世代の間で“オヤジのパンブーム”が広がっている。

 こうして広がるパン食志向の中で異例のベストセラーとなっているトースターがある。「世界一おいしいパンが焼ける」という触れ込みで、7月にバルミューダが発売した「BALMUDA The Toaster」が大人気なのだ。値段は、2万2900円(税抜き)と、トースターとしてはかなり高額にもかかわらず、売り切れる店も出ている。

「一般的なトースターは大手メーカー製品で2000~3000円、メーカーにこだわらなければ1000円以下です。しかし、バルミューダは『美味しさという価値で勝負する』という大手とは違う角度から参入した。大手なら市場価格を大幅に上回る製品を作るのはリスクが高いので、そういった発想は生まれ難い」(家電アドバイザー・鴻池賢三氏)

 バルミューダ広報はいう。

「製品が提供する価値が市場に見合うはずと、最終的には社長が決定しました」

 では、バルミューダのトースターは他社のトースターと何が違うのか? このトースターでパンを焼く際は給水口に5ccの水を注ぐ。すると庫内にスチームが充満して、パンの表面は水分の膜でコーティングされる。これによってパンの内側に水分を閉じ込めながら、表面をサクッと焼き上げることができる。

 コンピューターによる温度制御もポイントで、風味が出る60℃、表面がきつね色になる160℃、そして焦げ目がつく220℃の3つの温度帯に制御されているため、パンの耳だけが焦げてしまう心配もなく、冷凍したパンも通常の焼き時間に1分加えただけで、焼きたて同然になる。また普通の「トースト」モード以外に「チーズトースト」、「フランスパン」、「クロワッサン」と、パンの種類や乗せる具によって最適な焼き方を選べるのも魅力のひとつだ。

 炊飯器では10万円を超える高級品が次々と登場している一方で、トースターはメーカー、消費者ともに“焼ければ十分”という傾向が強い。そうした中で、バルミューダが一般的な価格帯の約10倍という“超高級品”の発売に至ったのはなぜか。

 きっかけは1991年にさかのぼる。同社の寺尾玄・社長は17歳で高校を中退してスペイン、イタリアなどに放浪の旅に出た。

 その初日のスペイン・ロンダでのこと。緊張から疲れ切り、かつ空腹だった彼は、街角のベーカリーから流れ漂う香ばしい香りに引き寄せられた。そこで、たどたどしいスペイン語で焼きたてのパンを分けてもらう。それは一口かじった瞬間に涙が溢れ出るほど、感動的な味だったという。以来、20年以上、“奇跡のトースターを世に出したい”という構想が寺尾社長の中で温められてきた。

 2014年5月、大きな転機が訪れる。バルミューダは社内バーベキュー大会を行なった。ところがその日は、あいにくの土砂降り。仕方なくテントの下で持参していた食パンを焼いたところ、驚くようなおいしさのトーストが焼けたという。そして、“この味を再現できれば奇跡のトースターになる”と寺尾社長は閃いた。技術担当者は翌日からトーストを焼く日々が始まった。

「パンの種類や品質も多岐にわたり、それぞれの焼き上がる最適な条件を求めて、とにかく焼き続けました。担当者は軽い小麦アレルギーになったほどです」(バルミューダ広報)

 実験を重ねるうちに、バーベキュー大会で、おいしくパンが焼けたのは「水分」のおかげだと気が付く。こうして生まれたのが「BALMUDA The Toaster」だった。

「このトースターはネットなどでも『価格に見合う価値がある』と絶賛され、多くのユーザーが満足している。これだけ評判なら大手も進出してくるでしょう。ロボット掃除機も初めは海外から入ってきて、7万~8万円と高価だったにもかかわらず売れた。すると日本の大手も同じような商品を出しました。トースターの市場もこれから高級化時代が始まる可能性があります」(前出・鴻池氏)

 そうした動きに対して、同社は自信を見せる。

「追随されることを懸念するより、もっと優れた製品を開発して、ユーザーに素晴らしい体験をしてもらうことに腐心しています」(広報)

※週刊ポスト2015年9月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
カレー、プリン、明太子、のりの佃煮…びっくりパンレシピ
いつものバタートーストがもっとおいしくなる6つのポイント
プリンをパンに塗って焼く「プリントースト」の作り方

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP