ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミス日本候補に党首の愛娘「父は足を引っ張りたくないと…」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“行動する健康美人”をテーマに、来年1月に開催される「第48回ミス日本コンテスト2016」。それに先立ち、候補者を選出する地区大会が始まった。

 8月27日には、全国5ブロックの中で最も激戦といわれる東日本地区の代表が決まった。応募者数約1500名の中から書類審査と面接審査を突破した26人(1人欠場)が洋服・水着審査に臨み、その中から7名が本選に駒を進めた。

 昨年度のミス日本でも受賞6名のうち5名が東日本大会に出場するなど、レベルの高さも折り紙付き。果たして、今年はどんな候補者が選ばれたのか、当サイトが注目する4人の横顔を紹介しよう。

 喜多川あゆさん(19)は慶応大学総合政策学部に通う1年生。父親の仕事の関係で6年間ブラジル・サンパウロで暮らし、今年の4月に戻ってきたばかりの帰国子女。

「最初の2か月は英語がさっぱり分からず、学校に行ってもおとなしく座っているだけでした」と話す喜多川さん。それが今ではサンバを特技とするほど南国気質が染みついた。「美を極め、自分を通して美を伝えていきたい」と意欲満々だ。

 市川舞さん(19)は玉川大学経営学部の2年生。馬術の腕前に長け、2011年に行われた馬場馬術の全日本ジュニアで優勝した経歴を持つ。その後、落馬事故で半年間入院したそうだが、いまでもランニングやヨガなど体を鍛えることが大好きだという。「ミス日本の活動を通じて日本文化を伝える役目を担えたら……」と希望を抱く。174cmの高身長も魅力。

 須藤櫻子さん(21)は立教大学経営学部の3年生。将来の夢はズバリ、女子アナになること。現在も民放キー局のアナウンススクールに入って伝える技術を学んでいるという。目標とする女子アナは、日本テレビの水卜麻美アナ、テレビ朝日の宇賀なつみアナなど、明るさが売りの看板アナ。ミス日本に選ばれれば、その夢にも一歩近づくかも。

 松野未佳さん(20)は慶応大学文学部の2年生。父親はなんと維新の党代表の松野頼久氏。ミス日本応募に際し、「お前の足を引っ張ってはいけないので、プロフィール欄に書く父親の職業は『会社社長』にでもしておけ」と言われたそうだ。大会事務局はもちろん父親の存在は知っていたというが、公平を期すため候補者が決まるまで審査員やマスコミにも公表されなかった。

 将来は「人や社会の役に立つ仕事がしたい」と話す松野さんだが、政治にも少し興味があるという。「小さいころから父親の姿を見てきて、カッコいいなとは思います」(松野さん)

 その他、津田塾大学3年の佐藤瑠美さん(20)、大妻女子大学2年の山田夏生さん(20)、国際基督教大学を6月に卒業した飯塚帆南さん(22)が候補者に選ばれた。

 さて、この7人の「健康美人」の中からミス日本の称号を手にする人は出るか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
藤川優里八戸市議と因縁の元女子アナ候補(39)が笑顔で手振る
偏差値93.7ミス日本候補東大医学部生 人生観変えた恐怖体験
水嶋ヒロの姉は「キレイなお姉さん」だった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP