ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佳子さま 赤坂御用地のドライブは「安全を心がけお上手な腕前」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年4月にICU(国際基督教大学)に入学された秋篠宮家の次女・佳子さま(20才)は、公務を優先された夏休みとなった。

 7月25日に静岡・御殿場での『全日本高等学校馬術競技大会』の開会式で2度目の単独公務をされたのをはじめ、7月27日からは、秋篠宮さまと滋賀県を訪問されるなど、多忙を極められた佳子さま。

「夏休み当初はジレンマもおありになったようです。過熱する“佳子さまフィーバー”に“東宮家より目立つのはいかがなものか”という意見が囁かれ、お出ましを控えようとされる動きもあったようです。

 また、ICUには夏休みに希望者を対象とした“シープロ”と呼ばれる6週間ほどの海外留学プログラムがあるんですが、今年佳子さまは参加されませんでした。佳子さまのお友達は数多く参加されるうえ、海外で存分に英語や文化を学べる絶好の機会。“英語の勉強をしたい”と学習院大学を中退してICUに入学されただけに行きたいお気持ちが強かったようですが、公務などを鑑みて、泣く泣く見送られたようです」(秋篠宮家関係者)

 そんななか、佳子さまは公務で忙しい紀子さまに代わって、悠仁さまの勉強の面倒を見たり、ご一緒に遊ばれたりと、姉としての心遣いもされていたという。

「赤坂御用地内でのドライブが、いい気分転換になられているようです。高校を卒業されてから、佳子さまは合宿形式の教習所で、運転免許を取得されました。安全運転を心がけ、とてもお上手な腕前ですよ」(前出・秋篠宮家関係者)

 佳子さまは8月29日、『第32回全国高校生の手話によるスピーチコンテスト』に臨席されるが、そのため、紀子さまに教わりながら手話の練習にも精を出されているという。

「佳子さまは、手話ができるようになれば、さらに多くの人との交流が生まれ、世界が広がると考えていらっしゃるようです」(前出・秋篠宮家関係者)

※女性セブン2015年9月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
佳子さまの服装問題 父・秋篠宮さまは理解示し口に出されず
佳子さまの公務 今後は都内の音楽・美術鑑賞など芸術部門か
佳子さま 秋篠宮さまと生まれて初めての父娘二人っきり旅行

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。